Boxing Sports

アラン・ディパエン(Aran Dipaen)は強い!?戦績や強さ・年齢をwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『井上尚弥選手』との対戦で知られている『アラン・ディパエン選手』は一体強いのかということが気になりますが、『アラン・ディパエン選手』の戦績、強さ、年齢などが気になるということで、調べてみようと思います。

『井上尚弥選手』『The monster(怪物)』と呼ばれ、数々の強豪選手を圧倒的な強さで沈めてきていますが、その『井上尚弥選手』に敗北をつけることができる選手なのか非常に気になるところですね。

アラン・ディパエン(AranDipaen)のwiki風プロフィール

アラン

【名前】: アラン・ディパエン(AranDipaen)

【本名】: アラン・ディパエン(AranDipaen)

【通称】: 密林のプレデター、ケンナコーン・GPP・ルアカイムック

【出身】: コンケン・タイランド(Khon Kaen, Thailand)

【身長】:  162cm

【体重】: 52.163 - 53.524kg(パンダム級)

【獲得タイトル】: IBF パンパシフィック

【所属】: タイのジム

【アラン・ディパエンの経歴・生い立ち!】

『アラン・ディパエン選手』は現在のボクシングのランキングはIBF5位、WBA10位(2021年12月現在)になり、過去にムエタイの選手だった経験があり、多くの試合をこなした経験をもっています。

ムエタイ選手は、試合頻度が多く、幼少の頃は、1日に3試合をこなすときもあるということから、『試合経験』という観点からは、他の格闘技とは段違いの様ですね。

2019年2月5日に、タイのバンコクで、ボクシングデビューを果たし、判定勝利を収めています。

2019年は、年間11試合をこなし、2020年には2試合をこなしています。

アラン・ディパエン(Aranv Dipaen)の年齢は何歳か!?

『アラン・ディパエン選手』の年齢は何歳なのかということが気になるところで、調べたところ下記の通りになります。

【生年月日】:  1991年2月1日

【年齢】: 30歳(2021年12月現在)

年齢的に考慮すると、ベテランの域に達している選手ですが、ボクシングデビューは、2019年ということなので、まだボクシング経歴は2年~3年(2021年現在)といったところで、ボクシング経歴は浅い選手になります。

同年代の有名なボクシング選手は、下記の通りになります。

  • 亀田和毅(かめだともき)

亀田和毅選手』は、2階級制覇王者』になり、亀田兄弟の3男で、3兄弟すべて、世界を制覇した選手になります。

アラン・ディパエン(Aranv Dipaen)の戦績はどうか!?

『井上尚弥選手』と対戦するほどなので、『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』の戦績はどうなのかということですが、調べたところ下記の通りになります。

【戦績】:  12(11ko)勝3敗(2021年12月現在)

過去に日本人選手と試合をしたことがあり、その日本人選手は、『荒川竜平選手』になり、プロフィールは下記の通りになります。

【名前】:荒川竜平(あらかわりょうへい)

【生年月日】:1989年7月20日

【年齢】:32歳(2021年12月現在)

【戦績】:8勝4敗1分(2021年12月現在)

この時の試合は、アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』が2RKO勝利を収めています。

2019年2月5日、ボクシングデビューをしているということから、27,8歳程でボクシングデビューを果たし、年齢からすると遅いデビューとなり、ただ、その前は、ムエタイで、数多くの試合をこなしていたということから、試合の『経験』は、他の選手以上の実績はあることがわかりますね。

敗北は、2回ありますが、 2019年3月23日、『Zafar Parpiev選手』との試合で判定負け、2019年9月20日、『Tommy Frank選手』との試合で、スプリットデシジョンで判定負けを喫しているので、KO負けがないことから、弱くはない選手であることは確かですね。

さらに、凄いことに『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』は、2019年に11回もの試合をこなしていることから、怪我なく試合をこなしていることがわかり、普通の選手では、年間に11試合をこなすことはほぼないので、ムエタイ出身ということがなにより、影響しているようですね。

アラン・ディパエン(Aranv Dipaen)の強さはどうか!?

アラン・井上尚弥

アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』の強さはどうなのかということですが、戦績が12勝の内、11KOということで、パンチ力があるという印象はあります。

過去に『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』と対戦したことがある日本人選手の『荒川竜平選手』いわく、『予測しない角度からのパンチ』、『バランスを崩しながらのパンチ』があった印象があったということで、変幻自在ということでしょうか!

さらに、『カウンターファイター』の印象があり、『荒川竜平選手』いわく、パンチ力が強いというよりは、バランスを崩したところにパンチを打ってくるようだったということで、ダメージよりは、スピードと当て勘が優れているという印象のようですね。

後は、ムエタイで培った試合数の多さが、経験の多さは、他を圧倒している様子で、2019年には11試合もこなしているので、その経験が試合では生きてくる可能性はありますね。

まとめ!

『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』について調べましたが、戦績は、『12勝2敗(2021年12月現在)』になり、その内、11KO勝利ということで、パンチ力はあるようですが、ムエタイで培った試合数の多さで、戦う経験が多い選手になります。

『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』の年齢は、何歳なのかということですが、『1991年2月1日生まれ』の30歳(2021年12月現在)になり、ボクシングデビューは2019年となるので、遅いボクシングデビューということになりますね。

以上、『アラン・ディパエン(AranDipaen)選手』の情報をまとめてみました!

-Boxing, Sports

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5