Kick boxing Sports

朝久泰央(あさひさたいおう)の国籍は日本・中国・韓国のどれ!?年齢・兄弟・出身をwiki風に!彼女・嫁がいる?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんよう♪♪Au-Saです(*^-^*)

K1での注目選手で、朝久泰央選手がやたらと強いですが、タイトルはK1でのタイトルがないということで、目つきも鋭く、顔も中国人ぽいですが、国籍は何人なのか?

年齢・兄弟・出身をwiki風にまとめて調べてみようと思います。

朝久泰央(あさひさたいおう)のwiki風プロフィール

【名前】朝久泰央(あさひさたいおう)

【生年月日】1998年1月16日

【年齢】: 23歳(2021年7月現在)

【出身地】: 福島県うきは市

【身長】174cm

【血液型】: A型

【戦績】:  17勝(4KO)7敗(2021年7月現在)

【所属ジム】:  朝久道場

【獲得タイトル】:J-FIGHT Next Generation Cup-55kg級王者

【Twitter】:tarzanboy921

朝久道場の父である朝久篤館長の元で、朝久流養我と呼ばれる鍛錬法で、鍛錬している。

朝久泰央には兄弟がいて、『朝久裕貴(あさひさひろたか)』といって、学年では1つ上の兄弟がいるようです。

朝久泰央と同様に、K1で活躍しているようで、最近ではあの武尊選手の盟友の『大岩龍矢選手』にも勝っている選手です。

アマチュア時代に、那須川天心、平本蓮と対戦したことがあり、その時は、敗北しています。

2014年9月9日にプロデビューし、J-NETWORK Nextgeneration cup -55kgで優勝し、タイトルを奪取し、2016年6月24日にK-1 WORLD GP 2016 IN JAPANに出場し、西京春馬と対戦し、試合自体は拮抗した試合で、2-0の判定負けを喫しました。

2020年3月22日、「K'FESTA.3」で出場選手の欠場で、スーパーファイトで、第3代K-1 WORLD GPライト級王者の林健太と対戦し、2度のダウンを奪い、圧勝を飾った。

朝久泰央(あさひさたいおう)の国籍は?

朝久泰央の国籍は、日本の国籍になり、顔は中国人や韓国人の顔をしてますが、国籍は日本のようです。

格闘技は日本の団体だけではなく、韓国や中国の格闘技団体に出場したこともあるということで、中国では、『WLF武林風』という格闘技イベントに出場し、韓国では、『MAX FC(MAX Fighting Championship)』に出場した過去を持ちます。

朝久道場の父親でもある朝久篤さんについても調べましたが、特に中国人や韓国人の血が流れている様子はなさそうで、『黒田藩武士の末裔』ということです。

朝久泰央(あさひさたいおう)は彼女か嫁がいる?

ツイッターでの投稿では『朝久泰央にいちゃんが彼女みたいなポジションなんでということで、女性があまり回りにいない様子ですね。

格闘技をやっているのと、顔がちょっと怖いので、女性は近寄りがたい可能性はありますね。

結論としては、まだ若いので、『嫁』どころか『彼女』もいない様子ですね。

まとめ

今回、朝久泰央選手について、調べましたが、元k1チャンピオンにも勝っている選手ですが、あまり情報がなかったので、調べにくかったですが、父親が館長の朝久道場に通い、かなりの実力者だということがわかります。

顔は、中国人か韓国人のような顔をしてますが、日本人のようです。

出身は、福岡県うきは市で、年齢は23歳(2021年7月現在)になります。

実力はかなりのものなので、K1チャンピオンになる日は近いと思います ♪♪
関連記事
大岩龍矢は天然か!?イケメンですが彼女は?高校・大学・戦績も気になる!wiki風にまとめてみた!

こんにちは♪♪Au-Saです(*^-^*) 武尊選手の盟友が大岩龍矢さんということで、年齢も同じで非常に仲が良いですが、K1選手ということで、あの皇治選手と激闘を広げ、芦澤竜誠選手にも勝ったということ ...

続きを見る

 

-Kick boxing, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5