Australia Life

私が行ったことがあるシドニーの24時間営業の安いおすすめのスポーツジムはどこか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ゆったりとしたシドニーからAu-Saです(^^♪

日本に住んでいた時も、スポーツジムはかかさず行ってましたが、ここオーストラリアでもスポーツジムはかかさず行っています。何より、スポーツをすると気分が晴れるという感覚になるので、ほぼ毎日かかさず運動をします。

シドニーはボクシング、空手、柔術、といったジムもあり、私は、ボクシング、柔術、キックボクシングが全て習うことができるジムと、24時間営業ジムに通っています。

今回、私のオーストラリアで行ったことのあるジムを中心に、ワーキングホリデーや学生の為の安いスポーツジムを紹介してみたいと思います。

Anytime fitness (エニタイムフィットネス)

Anytime fitness (エニタイムフィットネス)は日本にもチェーン展開してますが、オーストラリアにもこのAnytime fitness はあります。至るところにあるのですが、現在、オーストラリアでは、517店舗のAnytime fitness があり、ニューサウスウエルスでは217店舗あり、シドニーの都心部で19店舗あります。

店舗ごとに多少の値段は違いますし、私は1年くらい加入してましたが、最初は安い値段で入ったとしても、知らず知らずに少しずつ値段を上げたりします。

加入後、どこのAnytime fitness でもいけますが、私の場合は、定期的にメールがAnytime fitnessから来ましたが、スパムメール的に値上げの知らせが来たので、お金の安い、高いの話しではなく、そのビジネススタイルが嫌で退会しました。

私が加入した時は、月で60ドルでキャンペーンの様なことをやっていたので加入した覚えがあります。

店舗によって料金体系が違うので、正確な料金はいえませんが、田舎の地域のAnytime fitnessは料金は比較的安めです。契約上で、加入した店舗から何キロメートル離れたところでメインに利用する店舗があれば、そこの所属になり、料金体系はそこの店舗になるなど、ものすごい細かな契約があるので、契約する前は、注意が必要です。

私が加入した際、6か月の縛りがありました。もし、それ以前に解約するのならば、残りの契約分の半分の料金を払う様な契約でした。

※ Anytime fitness (エニタイムフィットネス)

学生は、期間の縛りがあると加入しずらいね ( ^^) _U~~

Snap fitness (スナップフィットネス)

このスポーツジムは、私がクイーンズランド州に住んでいた際、加入したスポーツジムです。Snapfitness (スナップフィットネス)はオーストラリアに383店舗あり、シドニーの都心部に27店舗あります。

このスポーツジムは、クイーンズランド州のタウンズビルに住んでいた時に加入したのですが、タウンズビルという街は、田舎街なので、料金がシドニーの様に高くなく、2週間で25ドルの料金で利用していました。

このジムも店舗によって、契約が違うので正確な値段はいえないのですが、田舎街で契約したら、安く利用でき、最初の料金体系で値上げすることはないです。

私の場合は、タウンズビルの契約の料金体系がシドニーに引っ越してもそのまま継続して使えるといった形だったので、非常に得でした。

期間に関しても、特に縛りはなく、最初に2週間分の利用料金を払わなければならないので、最低2週間は利用しなければならないといったことにはなります。

※ Snap fitness (スナップフィットネス)

Jetts (ジェッツ)

Jetts (ジェッツ)はオーストラリア国内に179店舗あり、シドニーの中心部に9店舗あります。私は、シドニーの中心部の店舗で契約したのですが、2週間で29.9ドルと非常に安い料金で契約してます。

このスポーツジムも特に期間の縛りがなく、最初の2週間は支払いがあるので、2週間は最低限の料金は払いますが、加入してすぐ辞めることは可能です。私が、見学に行ったとき、1年間分、一括払いするともっと安くなるといったことを言われましたが、先のことはわからないので、その契約をせず、2週間に1回の支払いの契約をしました。

一度、加入したら他の店舗も行くことが可能なので、引っ越しても近くのJetts(ジェッツ)に行けば問題ないです。このジムも最初に契約した料金体系で続き、料金があがることはないです。

 Jetts (ジェッツ)

Broadway gym(ブロードウェイジム)

ここのジムは加入したことはないのですが、見学は行ったことがあります。他のジムと違ってチェーン展開してないのですが、値段が非常に安いです。条件はありますが、1年分の料金を前払いしたら、1週間で12.95ドルといった破格の値段でジムに通うことが可能です。

学生の場合、学生会員用の値段があるので、学生の人は安く利用できます。

ただ、外見は、少し古さがあり、安さで考えるとこのスポーツジムが一番よいかもしれません。

 Broadway gym(ブロードウェイジム)

Plus fitness(プラスフィットネス)

オーストラリア全体に201店舗あり、シドニー都心部に12店舗あります。このジムは加入したことはないですが、見学にいったことはあります。このジムも期間の縛りはないジムなので、加入してすぐ辞めることは可能ですが、joining fee(入会金)やkey(鍵) が最初にかかります。

店舗によって値段が違うので、一概に安い、高いは言えませんが、値段は似たりよったりですが、私の場合は、以前の契約より若干、少し高かったので、入会はしませんでした。

私が見学にいったのは、『Plus Fitness 24/7 Leichhardt』で、設備は比較的新しく、全国展開してるだけに運動器具は全般的に揃っている様子でした。

 Plus fitness (プラスフィットネス)

まとめ

シドニーはオーストラリアで最も栄えている街なので、スポーツジムは多いです。その中で、ワーキングホリデーや学生の為のジムを探すのならば、値段だと思います。値段だけ考えるとBroadway gym(ブロードウェイジム)が一番安いというのはありますが、場所が限定されているというデメリットと施設が古いという面があります。

Anytime fitness(エニタイムフィットネス)は最初は安くても、期間縛りとある程度期間を行くと、値上げをするといったことがあります。

Snap fitness (スナップフィットネス)は都市より郊外のジムが値段的に安いので、郊外で契約し、その値段で安く利用できるというメリットがあります。実際、私は、クイーンズランド州で契約した値段がそのままニューサウスウエルスのシドニーでも利用できた形になるので、得でした。

Jetts (ジェッツ)は、安いジムですが、店舗数があまりないので、引っ越した場合、対応するのが難しいという部分があります。ただ、スタッフの対応は非常に良い印象はあります。

実際、安さにこだわるのか、それとも施設にこだわるのか、それともスタッフの対応など、どこに重きを置くかで、どこのスポーツジムを選択するか変わります。これらのジムは『トライアル』を設けているので、一度、『トライアル』を受けてみるのも手段だと思います。

スポーツは重要です ♪♪

     

     

    -Australia Life

    © 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5