Australia Life

シドニーのシェアハウスの探し方と実際にあった私の不動産とのトラブル!!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こきげんようシドニー在住、Au-Saです ♪♪

オーストラリアに初めて来た際、右も左もわからないので、最初は留学エージェントに言われるがままホームステイに住んでいたのですが、今、振り返ると料金が高い上、英語がわからなかったので、居心地が悪く、早く出たかったのを覚えています。

その後、当時、ケアンズに住んでいたのですが、日本人がオーナーのシェアハウスに住み、オーストラリア特有のベットバクに噛まれたというのを記憶してます。

※ ベットバグ

ワーキングホリデーであれば、バックパッカーズに泊まることも多いと思うので、気をつけるべきです。

そして、今回、オーストラリアのシェアハウスの探し方と実際にあった不動産とのトラブルを踏まえて書いていこうと思います。

シドニーのシェアハウスとは

ワーキングホリデー、学生にとって、シェアハウスは海外で生活を維持するという意味で必須です。シェアハウスは簡単にいうと様々な人との共同生活です。基本は、共同で使うキッチンがあり、冷蔵庫もシェアし、ひとつの部屋を何人かで住むといったものです。

様々な国籍の人と接することができるね ♪♪ 

法律で、一つの家に住む人数は決められているので、一つの部屋に4人や5人といったことは禁じられていますが、実際に現実はどうなっているのかというと少し怪しい部分はあります。

料金は、田舎街のケアンズとシドニーとでは料金は違い、私がケアンズでシェアハウスに住んでいた時、2人部屋が90ドルくらいで住むことが可能でした。シドニーであれば、2人部屋で140ドル~200ドルくらいはします。

一人部屋であれば、200ドル~300ドルくらいは考えていたほうが良いと思います。後は、『ボンド』というのをシェアハウスを借りる際に払います。『ボンド』は、レント(家賃)の2週間分だったり、1カ月分だったり払い、何か破損などしたら、『ボンド』から差し引くといったことをします。

シドニーの不動産と個人のシェアハウスの違い

不動産もまれにシェアハウスを運営している場合があり、そういったシェアハウスはしっかりと認可されているシェアハウスで、一つの部屋に大人数を詰め込んだりはしません。

しっかりと法に乗っ取った形で運営されてますが、学生やワーキングホリデーが不動産運営のシェアハウスに入居できるかといえば、少し敷居が高い部分はあります。

その理由は、様々なチェックが入るからです。例えば、Bank account のチェック、ビザは何の種類を持っているか、そして、以前、住んでいた時のレント料金の領収書などといったものです。

不動産によって、多少、チェックすることがらは違いますが、特にワーキングホリデービザの人は、お金の部分や、以前住んでいたレント料金の領収書を揃えるというのは難しいと思います。

そして、個人でやっているシェアハウスに関しては、個人で運営してるので、特に不動産が行うようなリファレンス(referrence)的なことをチェックするといったことはしません。

シェアハウスの探し方

シェアハウスの探し方は、まずインターネットで探すということをします。日本のサイトであれば、Jams tv、Nichigo press、Cheersといったところが代表的で、英語のサイトでいえば、Flat mates 、Gumtree といったところでしょう。

※ Jams tv

※   Nichigo press

※ Cheers

※ Flatmates

※    Gumtree

後は、留学エージェントの掲示板にシェアハウスの情報が張ってあるので、そこで確認とるのも良いと思います。。私がはじめて、ケアンズでシェアハウスを探した際、留学エージェントの掲示板を見て、シェアハウスを探しました。

シドニーでいえば、Tora Tora (トラトラ)といったところで、掲示板があると思うので、シェアハウスの情報を確認とれると思います。

※ Tora Tora (トラトラ)

たまに、電柱のところにシェアハウスの情報が書いてあるので、そこで情報を得ることはできますが、私自身、怪しさがあったので、経験はありません。

シェアハウスを決める際の注意と実際にあったトラブル

シェアハウスを決める際は、基本的な事項をヒアリングすることです。ボンドはいくらだとか、決まりごとなど、プライベートでシェアハウスを運営してる人は、会社を運営してるわけではないので、『契約書』の様なものを用意したりしません。だから、トラブルが起きやすいということはあります。

『言った、言わない』で揉めることあるのが、この個人間での契約です。だから、もし揉めることが嫌なら、一筆書いてもらうことも重要です。実際、多いのがボンドの返金をめぐってのトラブルが多いので、これは注意が必要です。

不動産の契約の際、ボンドに関しては、Fair trading (フェアトレーディング)が管理し、部屋を出る時、不動産からではなく、Fair trading (フェアトレーディング)から返金がなされます。私が、シドニーのRosevilleに部屋を借りた際、一か月分のボンドを払い、最後に、Fair tradingから返金がなされました。

※ Fair trading (フェアトレーディング)

オーストラリア人は、ルーズな部分があるので、もし問題があったら、Nsw Civil Administrative Tribunal( NCAT)で訴えることができます。実際、一回、これを利用しようと思いましたが、40ドルくらいかかるということで辞めた覚えがあります。

※ Nsw Civil Administrative Tribunal ( NCAT)

まとめ

昔は、複数で住むということに抵抗はなかったですが、最近では、複数人で住むことは神経的に無理です。はっきりいって、シドニーでのシェアハウスは牢屋にでも入れられているイメージです。

4人部屋で120ドル~140ドルくらい取られるのは当たり前で、安さを追求するのならば、リビングシェアで安くすむことは可能ですが、リビングにカーテンで囲った場所を作り、そこに住むといった形で、オウンルームですが、イメージ的には牢屋でしょうか?

リビングであれば、100ドル~120ドルくらいの値段で住むことは可能です。これはシドニーの中心部の値段ですので、中心部から離れれば離れるほど、安くなります。

マスタールームやオウンルームに安く住みたいのであれば、シドニーの中心部から離れたところに住めば、安く住むことは可能です。

トラブルにならない様に、最初の段階で契約内容をチェックし、契約書がなければ、何か証拠になるものを残すことは重要です。

シドニーでの生活が住み心地良いようなシェアハウス探しを是非してください。

正直、ケアンズの方が住みやすかった ( ^^) _U~~

     

     

     

    -Australia Life

    © 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5