Chef

千加・ティルマン(ちかてぃるまん)wiki風プロフィール!経歴・年齢・出身をまとめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

セブンルールに『千加・ティルマンさん』が出演するということで、注目集めてますが、その彼女の経歴、年齢、出身を wiki 風にまとめてみたいと思います。

銀行員として、6年間働き、その後、シェフ、パティシエとなり、変わった経歴の持ち主の様ですね。

千加・ティルマンのwiki風プロフィール

【名前】: 千加・ティルマン(Chika tillman)

【職業】:銀行員 → シェフ、パティシエ

【所属】:Chikalicious(チカリシャス)

【資格】:調理師免許

【趣味】:クラシックバレエ

【Instagram】:  chikalicious_amarige

【千加・ティルマンの経歴・生い立ち!】

1986年、ニューヨークに移住しましたが、1987年~1990年までドイツに住み、その後は、ニューヨークに再び戻りました。

幼少の頃は、パティシエになることが夢でしたが、成長するに連れて、それは薄れましたが、ある時、夜間のフランス料理学校に入学し、昔の夢に再び火がついたということです。

卒業後の1994年頃、料理学校の先生がニューヨークにある『Gramercy Tavern』という店で働く様、薦めましたが、銀行員としての仕事を持っていたので、一度は断りましたが、行ってみると良いということで、働き始めたということです。

Gramercy Tavernでは、『Chef Tom Colicchio』とともに、働き、その後は、1995年~2001年まで『Chef Guenter Seeger』とともにアタランタで、6、7年間ともに働きました。

働いたレストランは、Ritz-Carlton Buckhead』,『Seegers』といったレストランになります。

最初は、天ぷらの店をオープンしたかったが、天ぷらの技術を得るには、10年はかかるということで、天ぷら職人を日本から雇うことも考えましたが、雇うお金もなく『Dessert Bar(デザートバー)』をオープンさせました。

2003年7月、  ChikaLicious(チカリシャス) Dessert Barをオープンしました。

千加・ティルマンの年齢は!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チカリシャスNYアマリージュ公式アカウント(@chikalicious_amarige)がシェアした投稿

24歳の時に、東京で、ジャズミュージシャンをしていたアメリカ人の旦那と結婚し、その後は、アメリカに渡り、ウォールストリートで、6年間、銀行員として働き、1994年頃、料理学校を卒業し、レストランで働き始めたということです。

これを考慮すると、1994年、30歳頃、夜間の調理学校を卒業し、シェフの道に進み、2003年7月、『ChikaLicious(チカリシャス) Dessert Bar』をオープンしたということになります。

さらなる情報として、2010年のインタビューで結婚して24年となるので、24歳の時に結婚したという情報があるので、年齢としては、59歳(2021年7月現在)くらいになります。

年齢としては、40歳頃に、『ChikaLicious(チカリシャス) Dessert Bar』をオープンしたという流れの様ですが、詳細は不明です。

千加・ティルマンの出身は!?

様々な情報があり、東京で生まれという情報もあれば、『福岡県門司区出身』という情報もあり、さらに福岡で生まれ、1歳の頃、東京に引っ越したという情報もあります。

旦那との出会いは、東京のライブハウスということから、東京で仕事をしていた可能性は高く、その頃は、特にシェフ、パティシエになるということは夢ではありましたが、考えてなく、アメリカに渡り、料理学校に通ったことから、料理の道が覚醒した様ですね。

-Chef

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5