Chef

花田洋平(はなだようへい)シェフの経歴・学歴・店の情報などをwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『Dragon chef(ドラゴンシェフ)』に出演している、花田洋平シェフが凄腕ということで、その彼の経歴、学歴、勤めている店の情報を調査してみようと思います。

昔から、料理に関するコンクールには、かなりの数に出場している様ですね。

花田洋平(はなだようへい)のwiki風プロフィール

【名前】: 花田洋平(はなだようへい)

【生年月日】:  1985年

【年齢】: 35歳(2021年7月現在)

【出身】: 和歌山県和歌山市

【資格】: Sommelier、HACCP、Halal、食育

【所属】: ANAクラウンプラザホテル大阪(花梨)

【Instagram】: yohei_hanada

【花田洋平(はなだようへい)の経歴・生い立ち!】

高校時代は、ボクシングをやっていて、『インターハイ』まで行った実力の持ち主ということで、その後は、調理師専門学校を経て、『ANAクラウンプラザホテル大阪へ就職している様です。

現在は、スーシェフ(セカンドシェフ)のポジションで、料理に関する数々の賞を取り、その合計は24で、第7回中国料理世界大会で『金賞』を受賞したほどの実績を持ちます。

これだけの賞を獲得すれば、それが『宣伝』にもなり、独立したとしても、強いものがある様に感じます。

【関連記事】: 山下泰史(フランスシェフ)

花田洋平(はなだようへい)の学歴は!?

【花田洋平(はなだようへい)の出身高校は!?】

花田洋平シェフの出身高校は、出身が和歌山県和歌山市ということで、ボクシングでインターハイに行ったことがある様なので、和歌山県でボクシング部がある高校を探してみると『和歌山工業高等学校』が出てきますが、どうなのでしょうか?

この学校は、偏差値46~52程になり、野球選手、レスリング選手、バスケットボール選手などを輩出している様ですが、花田洋平シェフがこの学校に通ったかの詳細は不明です。

【花田洋平(はなだようへい)の出身大学・専門学校は!?】

高校卒業後は、調理師の専門学校に行った様で、日本で有名な調理学校と言えば、『服部栄養専門学校』、『辻調理師専門学校』が有名な学校でありますが、花田洋平シェフは、『辻調理師専門学校』を卒業した様です。

『辻調グループ』は大きく、大阪や東京にもシェフコースだけでなく、パティシエコースがある様で、和歌山県出身ということで、大阪の辻調理師専門学校に行った様ですね。

花田洋平(はなだようへい)が働くレストランはどこ!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花田洋平(@yohei_hanada)がシェアした投稿

花田洋平シェフの仕事場は、『ANAクラウンプラザホテル大阪』にある、『花梨(かりん)』は下記の通りです。

【店の名前】: 花梨(かりん)

【電話番号】: 06-6347-1112

【営業時間】: 11時30分~14時30分、 17時00分~21時30分

【所在地】: 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目3−1 ANAクラウンプラザホテル 6F

最寄り駅は、『北新地駅』よりで、徒歩5分ほどのところにあります。

このレストランに『花田洋平シェフ』は辻調理師専門学校卒業後、ずっと勤めている様で、普通だったら、他のレストランに働き修行を積む様な発想はありそうですが、ずっと同じ職場に勤めていることは凄さを感じます。

花田洋平(はなだようへい)の料理が凄い!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花田洋平(@yohei_hanada)がシェアした投稿

これは、『Dimsum(点心)』ですか?

単純かつアートといった様な感じで、食べるのがもったい気もしますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花田洋平(@yohei_hanada)がシェアした投稿

 非常にきれいで、繊細な料理の数々といったところでしょうか?

高級料理はきれいですが、あまりお腹にたまらないのが難点ですが、一度、『花田洋平シェフ』の料理が食べてみたいですが、高級料理ということで、値段は高そうですね。

彫刻もするみたいで、それを中国料理の飾りに用いてやっているそうです。

次世代の期待のシェフであるのは、間違いないですね。

-Chef

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5