Mixed Martial Arts Sports

平本蓮(ひらもとれん)と芦澤竜誠との関係は!?次戦の相手は誰の可能性がある?今後もMMA(総合格闘技)をやっていけるのか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは♪♪Au-Saです ^^) _旦~~

平本蓮選手は、萩原京平選手との試合で、MMAデビューしましたが、見事に負けてしまい、今後もMMA(総合格闘技)をやっていけるのかということと、もし試合が組まれるのであれば、誰かということを予想してみるとともに、皇治選手に対しては、ディスってますが、芦澤竜誠(ナマズ)選手に対しては、友好的な感じなのは何か調べてみようと思います。

平本蓮と芦澤竜誠の関係は?

平本蓮と芦澤竜誠と関係ですが、K1ジム総本部チームペガサスで所属が同じだったということで、関係性があるので、ディスることはないでしょう。

平本蓮は、芦澤竜誠のことを『竜誠くん』と呼んでいるので、仲は良く、平本蓮いわく『総本部はみんな仲がよい』ということです。

平本蓮と芦澤竜誠との年齢差は3つあり、芦澤竜誠は平本蓮のことを『蓮』と呼んでいるようで、K-1 WEDNESDAY CHANNELにも一緒に出てるので、一見、接点はなさそうですが、関係は良いようです。

お互いに『面白い奴』と言っているので、関係性が見えてきます。

K1に所属していた際、芦澤竜誠は、階級がスーパーフェザー級に対して、平本蓮はライト級やスーパーライト級だったので、K1上では、接点はなかったということがわかります。

平本蓮は今後はMMA(総合格闘技)はやっていけるのか?

朝倉未来選手いわく、平本蓮は『思ったより強い』という印象で、総合格闘技をはじめて1年であそこまでできるということはすごいということで、続けて、練習環境が悪いということを指摘し、同じ階級の練習相手がいた方が良いということをいっています。

ポテンシャルはあるということで、また上がってくる資質はあるということで、2023年くらいには、総合のトップクラスになってくる可能性はあるということを予言しています。

最後に、平本蓮と萩原京平との試合はかなり盛り上がったということで、『プロ』だったということで、非常に面白かったということです。

桜井マッハの解説では、総合の練習と試合では違うということで、『経験』が必要ということを言っていて、まだ若いから『これから』ということを主張しています。

萩原京平選手は、寝技のスタミナがネックだったらしく、お互いにスタミナが切れぎみで、2R目で、簡単にテイクダウンが取れたのが鍵だったということで、打撃はやはり平本蓮を認めているようです。

敗戦後のツイッターでは、『一晩経ってみて 俺なら絶対UFCでチャンピオンになれる 絶対にやり返す ごちゃごちゃうるせーやつばっかだな 見とけよ!俺はこっからなんだよ 俺は負けてないこっからだ』というコメントを残しているので、まだまだやる気は絶対的にあるようです。

平本蓮の次戦の相手は誰の可能性があるのか?

今回、平本蓮は負けてしまいましたが、勝っていたら朝倉未来選手との試合も可能性はありましたが、完全に消滅したということは言えます。

寝技に課題がある様なので、次戦は萩原京平選手が勝った選手の中で選ばれる可能性はありますが、もしこれで負けたら先がないのは確かです。

朝倉未来選手も『思ったより強い』やまだ若く『2023年くらいにはトップクラスになる』ということを予想しているので、ポテンシャルはあるということで、これからどう改革していくかが鍵になってくると思いますが、連敗が続けばオファーが来なくなり、最終的にはシバターとの試合を組まれ客寄せパンダになる可能性もあります。

総合格闘技のデビュー戦ということなので、実力が均衡した試合でまずどう勝負するかということの目安として、やはり萩原京平選手の勝った相手の中で『内村洋次郎』か『白川陸斗』の2選手の中で試合が期待される可能性はあると思います。

まとめ

平本蓮と芦澤竜誠とは以前、同じジムということで、仲が良いようです。

朝倉未来いわく、1年でこれだけ寝技ができるということで、ポテンシャルはあるということをいっていて、2023年くらいにはトップクラスになる力はあるということです。

次戦は、実力が拮抗している相手との試合となる可能性があるので、萩原京平選手の勝った相手とであれば、実力が図れる可能性はあります。

打撃は一流で、まだ若いので、これから期待の選手です♪♪
関連記事
平本蓮(ひらもとれん)の兄弟・中学・高校はどこか気になる!wiki風プロフィールで分析!RIZINで総合格闘技デビューはいつ?

こんにちは♪♪Au-Saです( ^^) _U~~ K1からRIZINに移籍した平本蓮(ひらもとれん)選手がキックボクシングから総合格闘技に転向しましたが、実際、対応できるのかという疑問があるのですが、 ...

続きを見る

-Mixed Martial Arts, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5