Mixed Martial Arts Sports

井上直樹(いのうえなおき)がイケメンで強いという噂!?朝倉海・堀口恭司との対戦は!?戦績・出身・学歴(中学・高校)などをwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

現在、勢いに乗っている総合格闘家で井上直樹選手、若くしてUFCとの契約をしたことがある選手で、イケメンで強いということが言われているので、調べてみようと思います。

フライ級やパンダム級で戦うことがある為、朝倉海、堀口恭司との対戦も有り得る話なので、井上直樹選手の戦績・出身・学歴などをwiki風にまとめてみようと思います。

井上直樹(いのうえなおき)のwiki風プロフィール

【名前】:  井上直樹(いのうえなおき)

【通称】摩天楼の旋風、悲運の天才

【生年月日】:  1997年6月14日

【年齢】24歳(2021年3月現在)

【出身地】:  愛知県豊橋市

【身長】175cm

【体重】56kg

【戦績】14勝2敗(2021年7月現在)

【学歴】:  中学は不明、 豊橋工業高校電気科(現・豊橋工科高校)

【所属ジム】: 空手道白心会(2018年7月7日まで) →    セラ・ロンゴ・ファイトチーム

【instagram】:  naokiinouemma

【twitter】@naokiinouemma

7歳の頃から、親の薦めで、愛知県豊橋市の空手道白心会で格闘技を始め、アマチュア時代は、キックボクシングの大会でJ-NETWORK アマチュア全日本選手権大会でライト級かフェザー級で何度も優勝を飾った経歴があり、空手は1段で黒帯、ブラジリアン柔術は青帯という肩書があります。

学生時代は、セブンイレブンでバイトをしながら、学校と格闘技を両立し、それ以外に仕事はしたことがないということです。

2015年2月1日、DEEP フューチャーキングトーナメント2014に出場し、決勝で『いちょう"snufkin"ともなが』と対戦し、腕ひしぎ逆十字で1本勝ちを収め、優勝を果たしました。

2017年4月3日、日本人史上最年少19歳で、世界最高峰の格闘技団体UFCと契約を交わしました。

2017年6月17日、UFCデビュー戦で、カールス・ジョン・デ・トーマスと対戦し、3者30-26で判定勝利を収めました。

2018年6月23日、マット・シュネルと対戦し、判定2-1の僅差の判定負けを喫し、その後、4試合契約の2試合しかしていなかったですが、フライ級の不人気により、フライ級の選手40人を契約解除したということです。

基本的には、4試合を消化するまでは、他のプロモーションには出場してはいけませんという契約内容で、勝っても負けても4試合を消化するまで契約が残るというわけではないということで、契約解除に至りました。

フライ級では試合が組むことができないということで、パンダム級に移行し、ウエイトトレーニングを始めました。

2020年2月22日、RIZINに初参戦し、トレント・ガーダムと対戦し、3-0の判定勝利を収めましたが、どちらも決めてにかける試合内容でした。

2020年12月31日、RIZIN26で、第3代Deepフライ級王座、第7代Deepパンダム級王座の元谷友貴選手と対戦し、1Rにリアネイキドチョーク(裸絞め)で1本勝ちを収めました。

井上直樹(いのうえなおき)はイケメンで強い!?

堀の深さがある顔立ちでイケメンなのは確かで、試合後のマイクを聞いているとそこまで相手の選手に対して、攻撃的ではない雰囲気を醸し出し、さわやかイケメンといった好青年といった感じで、エンターテイメント的には、あまり向いていない様な気もします。

平本蓮選手の様に相手を挑発したりするタイプでもなく、好青年といった選手です。

7歳の頃から、空手をやっていて、1段で黒帯、ブラジリアン柔術は青帯ということで、敗北に関しては、UFCでの僅差での敗北と、CFFCという格闘技団体での1敗、合計で2敗しかしていないので、強さは際立っています。

勝ちパターンとしては、打撃での勝利よりは、寝技での1本勝利が多く、19歳でUFCと契約しただけあり、立ち技、寝技と両方とも長けているのは確かです。

井上直樹(いのうえなおき)の朝倉海や堀口恭司との対戦は?

井上直樹選手は、非常に強いですが、好青年過ぎるので、エンターテイメント性が欠けているように思えます。

堀口恭司選手もUFCに行った時は、勝っていれば良いという考えだったらしいですが、結局は、人が見て成り立っているのがUFCだったりするわけで、見ている側からしたら、ワクワクする試合の方が視聴率も稼げるし、お金の回りが良くなるということはあります。

強くても客を呼べなければしょうがないということになるので、格闘技団体もドラマを必要としている様な感じはあります。

堀口恭司選手の発言で、『来年はまずはベラトールのタイトルも取り返して、タイミング合えばufcにも行きたいと思います。』ということから、まずベラトールのベルトを取り返すことに専念すると思うので、井上直樹選手との試合は薄いということが見えてきます。

四天王と呼ばれた元谷友貴選手を圧倒したので、図式的には、朝倉海選手vs井上直樹選手は可能性はあります。

まずは、同門の佐々木 憂流迦選手の敵打ちということで、朝倉海選手との対戦を期待したいですね。

まとめ

井上直樹選手のことについて調べましたが、出身は、朝倉兄弟と同じ愛知県豊橋市で、戦績は14勝2敗(2021年7月現在)、中学は不明、高校は豊橋工業高校ということです。

今後、堀口恭司選手や朝倉海選手との試合はあるのかということですが、堀口恭司選手は、近い将来に試合をすることはない可能性は高いですが、朝倉海選手との試合は多いにありそうな予感です。

19歳でUFCと契約した選手ということで、今後が楽しみな選手ですね ♪♪

関連記事
井上直樹(いのうえなおき)の姉(みずき)も格闘家で強い?彼女・嫁も併せてチェック!

ごきげんようAu-Saです ♪♪ 井上直樹はRIZINの総合格闘家ですが、顔はイケメンで、さらに強いということで、その彼の家族構成や兄弟を調べるとともに、イケメンなので彼女がいるのかどうかを調べてみよ ...

続きを見る

 

-Mixed Martial Arts, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5