Entertainment Youtuber・Tiktoker

じゃんや(Junya)はTiktoker・Youtuberですが一体何者?年齢・出身・経歴・学歴をwiki風にまとめ!年収も気になるところ!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

今の時代は、TiktokerやYoutuberが主流ですが、短期間で、かなりのフォロワーを獲得した人物が、まさに新星の『じゅんや(Junya)』ということで、実際、何者なのか?ということと、出身・経歴・学歴などをwiki風にまとめてみるとともに、個人的にはつまらない動画ですが、かなりのYoutubeフォロワー数なので、調べてみようと思います。

じゅんや(Junya)のwiki風プロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Junya/じゅんや (@junya1gou)

【本名】 非公開

【通称】:   じゅんや(Junya)

【生年月日】 1994年11月28年(2021年2月現在)

【年齢】:   26歳(2021年2月現在)

【出身地】  関西方面?

【身長】 : 160cm

【学歴】:  非公開

【所属事務所】Collab Japan

【twitter】 junya1gou

【Instagram】 Junya1gou

【tiktok】 junya1gou

2020年09月14日にYoutubeを開設し、登録者数は、505万人(2021年2月現在)を超え、tiktokに関しては、約2500万人(2021年2月現在)に登録者数がいる。

tiktokの動画上で、11月28日が誕生日ということを挙げていました。

じゅんや(Junya)は一体何者ですか?

じゅんやさんは、一体何者なのか?

何者ということは、Youtubeの動画上では、現在、フリーターということを言っているようです。

これだけの動画をアップロードするのはかなりの時間がかかるので、正社員での仕事をしながらはできないというのが実際かもしれません。

2020年のYoutubeチャンネル総再生数1位を獲得し、対象が海外なので、伸び率はかなり高いということが言えます。

日本語は、日本語できる1億2000万人対象ですが、世界の人口は、約80億人ということで、英語は世界的に共通語になるので、グローバルに攻めた結果伸び率が早いということが言えます。

さらに、動画の生産スピードの速さで、1日10本くらいは作っているのではないでしょうか?

じゅんや(Junya)の年収は?

TiktokはYoutubeの様に収入がない為、稼ぐことはできないですが、2020年09月14日にYoutubeチャンネルを開設し、現在、約505万人(2021年2月現在)の登録者数がいて、総再生数が1,708,019,224(2021年2月現在)ということなので、Youtubeの1再生数の値段は、0.05円~0.1円ということなので、85400961円~170801922円ということになり、5か月での収入となるので、月収で、17080192円~34160384円ということになります。

登録者数も勢いが止まらないので、2021年はさらなる飛躍が見込めるので、約5億~10億くらいはYoutubeで稼ぐ可能性はあります。

比較的、短い動画が多いので、それがYoutube上でどう判断されるかで、収益化は変わってくると思いますが、tiktokはある程度、質は重要視しますが、動画の本数もバズらせる要因として挙げられ、新しい動画を好む傾向にあり、また英語を主体とするということなので、日本人だけでなく、グローバルに対応できるところが強みだと思います。

例えば、facebook、twitterといったプラットフォームはグローバルに対応できるものですが、日本のMixiが衰退したのは、日本語しか対応できないから、結局は頭打ちになるということです。

約80億をターゲットにするか日本の人口の約1億2000万人をターゲットにするかで促進力は違います。

それが、じゅんやさんの強みなので、まだまだ頭打ちになることはないと感じます。

まとめ

今回、短期間で、急成長中のじゅんやさんについて調べましたが、出身は、関西方面の可能性があり、学歴は不明、年収は、2021年は、5億~10億円くらいになる可能性はあります。

じゅんやさんの勢いは止まらず、今年も爆進するでしょう♪♪

 

-Entertainment, Youtuber・Tiktoker

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5