Others

ユン・ソギョル【韓国大統領選】のwiki風プロフ!【画像】嫁(妻)は美人で親日家!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ユン・ソギョル

ごきげんようAu-Saです ♪♪

韓国大統領選が賑わっていますが、韓国大統領の立候補者は、『ユン・ソギョル』『イ・ジェミョン』の2人の戦いとなり、『保守系の最大野党』であり、『国民の力』『ユン・ソギョル』について調べてみようと思います。

『ユン・ソギョル』は、漢字で書くと『尹錫悦』になり、読み方も『ソクヨル』だったり、 『ソンニョル』 、『ソンヨル』と様々な読み方がある。

『ユン・ソギョル』の嫁が美人ということで、調べてみるとともに、親日家という噂もあるのでチェックしてみようと思います。

ユン・ソギョル(尹錫悦)のwiki風プロフィール

ユン

名前】: ユン・ソギョル(尹錫悦)

【生年月日】: 1960年12月18日

【年齢】: 61歳(2022年3月現在)

【出身】: 韓国、ソウル市

【学歴】: ソウル大学

【所属】: 国民の力

【ユン・ソギョル(尹錫悦)の経歴・生い立ち!】

両親は、大学教授になり、『ソウル特別市西大門区延禧洞』で生まれ、1979年、ソウル大学校法学に入学し、ソウル大学在学中に司法試験1次試験に合格したが、2次試験で不合格になりました。

その後は、9年間、合格に至らず、1991年、31歳頃、第33回司法試験に合格したということです。

韓国は、兵役は義務ですが、弱視により免除されたようで、何か問題があると兵役に行かなくてもすむようですね。

1994年、検事になり、2017年5月19日、ソウル中央地検長に任命され、2019年6月17日、文在寅大統領から検察総長候補者として指名されました。

2020年11月25日、複数の不正の疑いにより、『ユン・ソギョル(尹錫悦)検事総長』の職務停止命令を下されましたが、本人は、『疑惑は事実と異なる』ということで、ソウル行政裁判所に異議を申し立て、『ユン・ソギョル』の主張を認める判断を下しました。

しかし、職務に復帰しましたが、2021年3月4日、検事総長を辞任しました。

2022年3月9日、大統領選挙で『イ・ジェミョン』を僅差で破り、同年5月10日より、第20代韓国大統領に就任!

ユン・ソギョル(尹錫悦)の嫁(妻)は美人か!?

キム・ゴンヒ

キム・ゴンヒ

『ユン・ソギョル』の妻は、『金建希(キム・ゴンヒ)』という名前になり、年齢と生年月日は下記の通りになります。

【生年月日】: 1972年9月2日

【年齢】: 49歳(2022年3月現在)

『ユン・ソギョル』と年齢差は12歳あり、世間では『かわいい』『美人』ということは言われていますね。

韓国では、整形する女性は多く、特に『目』を整形する韓国人女性は多いということが言われ、『金建希(キム・ゴンヒ)さん』も整形疑惑やホステスで働いていたという噂はありますが、詳細は不明ですが、整形くらいは当たり前のように行っているように思えますね。

経歴詐称疑惑もあり、有名人になると些細なことも、指摘されるので、非常に大変であることは間違いですね。

外見は、まだ若い雰囲気を醸し出していますが、20代と言っても良い外見になり、子供はいないようですね。

ユン・ソギョル(尹錫悦)は親日家!?

ユン・ソギョル

『ユン・ソギョル』は親日家かどうかということですが、少なくとも反日ではなく、『克日』でなければならないという主張があり、『日本を超える・勝つ』といった意味になりますが、日本に対抗意識はあるようですが、日韓関係改善を主張しているのは確かですね。

韓国大統領の就任後は、日韓関係の修復を第一に考え、バイデン大統領に会った後は、日本の首相に会うということを主張しているので、日本とは、慰安婦問題など日韓の関係は昔から根強い問題があるので、『ユン・ソギョルさん』に期待したいところですね。

『過去に執着するのではなく未来を考慮する』といった考えが根本にあり、父親の『尹起重(ユン・ギジュン)さん』は、日本の『一橋大学』へ留学した経験があり、客員教授も務めたこともある人物ということで、日本語も話すことが可能の人であったことから、親日家の傾向にあるように思えますね。

-Others

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5