Australia Life

イアン・ソープ(Ian Thorpe)を記念したプール及びトレーニングジム!アクアティック・センター in シドニーへ行ってみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんよう♪♪Au-Saです(*^-^*)

イアン・ソープといえば、オーストラリア史上最年少15歳でオーストラリア水泳男子代表になった人物で、オリンピックで金メダル5個を獲得したヤバい選手です。

それは2000年と2004年の話なので、ひと昔前の話ですが、当時はイアン・ソープフィーバーは世界中で、加熱していました。

そして、今回、イアンソープを記念したプール及びトレーニングジムのアクアティック・センターに行ってみたので、交通手段、料金、などを書いていこうと思います。

イアン・ソープ・アクアティック・センターとは

イアン・ソープも2000年と2004年のオリンピックで5つの金メダルを獲得した彗星のごとく現れたスイマーで、そのイアン・ソープを記念したプール及びトレーニング施設がこのイアン・ソープ・アクアティック・センターになります。

館内は、50メートルのプールとカフェ、サウナ、子供用のプール、トレーニングジムがありますが、イアンソープという名前が一人歩きしているので、施設的には、進化している現代のジムに比べて見劣りは感じます。

時間帯は、平日は6時~夜8時まで、土日は、7時~夕方4時までオープンしてます。

※ 現在、サウナはパンデミックの影響でやってませんでした。

イアン・ソープ・アクアティック・センターへの交通手段と料金

トレーニングジムは、他のジムで行っているので、目的はプールとサウナですが、サウナは閉鎖されていたので、50Mプールでひと泳ぎしてしたのですが、サウナ込みであれば、15.2ドルという値段で、サウナが閉鎖されていた為、プールのみで8ドルの料金は払いました。

私が行ったときは、特に時間制限などはいわれなかったので、終日、泳ぐことが可能だと思います。

※ ちなみにプールにいったのは、日曜日です。

交通手段は、イアン・ソープ・アクアティック・センターの前に、Exhibition CentreというLight rail(ライトレール)の駅があるので、シドニーの街中のCapitol Square駅から乗り、Exhibition Centreで降りれば、目の前にイアン・ソープ・アクアティック・センターがあるので、簡単に行くことができます。

徒歩でも行けますが、シドニーの中心地から15分くらいはかかり、橋を渡る時、少し迷う可能性はあります。

イアン・ソープ・アクアティック・センターの内部は!

私は、基本的には、プールしか利用しないので、サウナを利用すれば、料金は違いますが、閉鎖されていた為、プールのみの利用で、8ドルを支払い入場するといった流れでした。

サウナが閉鎖されていなければ、カウンターで腕にチケットの代わりのマークを付けられますが、パンデミック期間は、サウナは閉鎖ということで、特に何も渡されず、入場できました。

更衣室に入るのですが、シャワールーム兼トイレと更衣室といった形で、特に立派な更衣室があるわけではないです。

ロッカーは、50Mのプールの前にあり、写真上にある通りに『Scan your card、Band or Ticket 』をすることで、借りることができます。

プールは、Slow lane 、Medium lane 、Fast laneとあり、時間帯によっては、クラスレッスンをやっています。

まとめ

現在、サウナなどは閉鎖されている為、使えないですが、一回8ドルでプールが終日使えるのは良いと思います。

プールもフィットネスもクラスレッスンがあるので、タイムテーブルを見て、参加したり、ひとりでトレーニングすると何かダラダラとしてしまうので、クラスレッスンがあるのも便利だと思います。

シティの中心部にあるので、交通の便も良いので、一度は行ってみる価値はあります。

-Australia Life

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5