Boxing

ワシル・ロマチェンコの強さと戦績は!?嫁・家族・出身などをwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

ワシル・ロマチェンコが驚愕の強さという噂があり、注目されているということで、その彼の強さ、戦績を調べるとともに、嫁、家族、出身などをwiki風にまとめてみようと思います。

3団体統一王者だったという経歴も持つということで、その強さはかなりのものだということなので、気になりますね。

ワシル・ロマチェンコのwiki風プロフィール

【名前: ワシル・ロマチェンコ

【本名】: ワシル・アナトリョビッチ・ロマチェンコ(Vasyl Anatoliyovich Lomachenko)

【通称】:  Hi-Tech、The Matrix、Loma

【生年月日】:  1988年2月17日

【年齢】: 33歳(2021年5月現在)

【出身】:  オデッサ州ビルホルド・ドニストロフスキー ウクライナ

【学歴】: キエフ大学 ( kyiv.university )

【身長】: 170cm

【リーチ】: 166cm

【獲得タイトル】: WBO世界フェザー級王者、WBO世界スーパーフェザー級王者、WBAスーパー・WBCフランチャイズ・WBO世界ライト級統一王者、北京オリンピックはフェザー級の金メダリスト、ロンドンオリンピックはライト級の金メダリスト

【所属】: ボブ・アラムのトップランク

【Instagram】: lomachenkovasiliy

【twitter】: @vasyllomachenko

【ワシル・ロマチェンコの経歴・生い立ち!】

父親(Anatoly Lomachenko)がトレーナーを務め、世界最速の3階級制覇王者(3戦、7戦、12戦)。

PFP(パウンド・フォー・パウンド)。

2008年8月、北京オリンピックでボクシングフェザー級(57kg)で金メダルを獲得しました。

2012年7月、ロンドンオリンピックで、ボクシングライト級(60kg)で金メダルを獲得しました。

2013年10月12日、プロデビューし、 『ホセ・ラミレス』と対戦し、4RKO勝利を収めました。

2014年6月21日、WBO世界フェザー級王座決定戦で、ゲーリー・ラッセルジュニア』と対戦し、12R判定勝利で、僅か3戦目で、王座(1階級制覇)を奪取しました。

2016年6月11日、WBO世界スーパーフェザー級タイトルで、世界王者を3度獲得したマッチローマン・マルチネス』と対戦し、5R最後は、ワンツーでKO勝利を収め、王座(2階級制覇)を奪取しました。

2018年5月12日、WBA世界ライト級タイトルマッチで、『ホルヘ・リナレス』と対戦し、10RTKO勝利を収め、王座(3階級制覇)を奪取しました。

2018年12月8日、WBA・WBO世界ライト級王座統一戦で『ホセ・ペドラザ』と対戦し、12Rの判定勝利を収め、WBOのタイトルを奪取し、WBAとWBOのタイトルを統一しました。

2019年8月31日、WBA・WBO世界ライト級タイトルマッチ、WBC世界ライト級王座決定戦で、『ルーク・キャンベル』と対戦し、12Rの判定で、3-0の判定勝利を収め、WBCライト級のタイトルを奪取し、3団体統一しました。

2020年10月18日、中谷正義選手と対戦したことがある『 テオフィモ・ロペス』と対戦し、WBAスーパー・WBCフランチャイズ・IBF・WBO世界ライト級王座統一戦で、12判定負けをし、王座陥落しましたが、情報では肩の怪我をしていたということです。

【関連記事】:カシメロの戦績

【関連記事】:マイケル・ダスマリナスの戦績

ワシル・ロマチェンコの戦績は!?

プロ戦績は14勝(10KO)2敗(2021年6月現在)、アマチュアボクシング戦績は、脅威の367戦366勝1敗で、アマチュアを含めて、3回しか負けたことがなく、全て、判定負けでの敗北となります。

アマチュア時代の敗北は、2007年11月、『世界ボクシング選手権』での決勝で、『アルバート・セリモフ』に敗れ、銀メダルに終わった試合のみとなります。

プロでの敗北は2度あり、1度目は、プロ2戦目で、2014年3月1日、WBO世界フェザー級タイトルマッチで、『オルランド・サリド』と対戦し、1-2の判定負けを喫しました。

プロで、2度目の敗北は、上記に書いた様に、2020年10月18日、『 テオフィモ・ロペス』に判定負けをしました。

ワシル・ロマチェンコの強さは!?

圧倒的な技術とスピードを兼ね備えた選手で、数多のフェイントを使った出入りとコンビネーション、匹敵するのは、リコンドーやメイウェザークラスの実力を持つ選手と言われています。

PFP(パウンド・フォー・パウンド)のランキングに名を連ね、パンチ力よりは、美しいステップワークが彼の特徴と言われています。

彼のトレーニングは、ボクシングのトレーニングだけではなく、『サッカー』、『野球』、『テニス』といった様々なトレーニングを取り入れ、いわゆる『Cross training』で、ボクシング的な動きに収まらない、他を圧倒する存在になっているといいます。

さらに、水中での息止めのトレーニングをし、記録は4分30秒まで息を止めることができ、『苦しさ』、『限界の壁』に直面した時、どのような対処ができるかというものだということです。

ワシル・ロマチェンコの強さは、彼を支える影の存在で、まず彼の父親『アナトリーロマシェンコ(Anatoly Lomachenko)』、さらにスポーツ心理学者の『アンドレイコロゾフ』で、トレーニングの前、彼の肉体的なデータを取り、全てのスパーリングを動画撮影し、分析しているといいます。

3人目は、バンテージ職人でありカットマンの『ラス・アンバー』は、グローブもワシル・ロマチェンコの為、選ぶということです。

4人目は、彼のマネージャーである『エギス・クリーマス』、プロモーターたちと試合の交渉などを行う人物で、重量な人物であるといいます。

結論として、彼の強みは、ボクシングだけではないトレーニング方法とロマシェンコを支える4人の人物が彼の強みかもしれません。

ワシル・ロマチェンコの嫁や家族は!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LOMA(@lomachenkovasiliy)がシェアした投稿

ワシル・ロマチェンコは既に結婚している様で、嫁の名は、『エレナ・ロマチェンコ(Elena Lomachenko)』、子供の名前は、 アナトリー・ロマチェンコともう一人の子供がいるといいます。

彼は、『アメリカ、カリフォルニアのカマリロ(Camarillo)』に住み、『オックスナード(Oxnard)』でトレーニングをしているということです。

上の投稿で、彼の子供の様に見えますが、詳細は不明です。

 

-Boxing

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5