Singer・Idol

松尾潔(まつおきよし)口の歪みが気になる?身長・出身はどこ?経歴や年収がヤバい!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは♪♪Au-Saです(*^-^*)

松尾潔(まつおきよし)は平井堅やCHEMISTRYや東方神起などをプロデュースした人ですが、ニュースをチェックしていたところ、松尾潔が新人シンガーソングライターの藤井風(ふじいかぜ)について語っていて、この藤井風が『宇多田ヒカル以来の逸材』という発言があったので、あの『宇多田ヒカル』と同等の逸材ということは、かなり凄さを感じますが、藤井風について調べる前に、現在の松尾潔が気になったので、調べてみようと思います。

松尾潔(まつおきよし)のプロフィールと経歴

【名前】: 松尾潔(まつおきよし)

【別名】: 小山内舞、立田野純

【通称】: KC

【出身地】: 福岡県福岡市

【生年月日】 : 1968年1月4日

【血液型】 : A型

【年齢】 :  52歳(2021年3月現在)

【身長】: 170cm後半

【学歴】: 福岡県立修猷館高等学校、早稲田大学第2文学部卒業

【職業】: 音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、音楽ライター

ツイッター上で、『妻にすすめられて数十年ぶりに読んだ『高瀬舟』。タイムレスな問題提起を含む掌話だが、次の一節がとくに目に留まった』というツイートからわかる通り、既婚者です。

52歳になるので、結婚している確率は高いというのはありますが、あまり公にされてない情報です。

早稲田大学第2文学部在学中に、ブラックミュージック雑誌で執筆を開始し,アメリカやイギリスなどでの、豊富な取材をベースに若くして、多数のラジオやテレビ出演をし、存在を認められていたといいます。

音楽プロデューサーとしては、平井堅、CHEMISTRYなどをプロデュースしています。

2002年に日韓共催のワールドカップで、ワールドカップ公式アルバムの『Lets Get Together now』の作詞及びプロデュースをし、韓国で放送された初めての日本語詞の歌として、日韓共催やワールドカップという世界的な競技の影響もり、歴史的快挙1位を獲得したということです。

その後も、日本レコード大賞『優秀作品賞』を受賞したり、現在も活躍の場を広げています。

松尾潔(まつおきよし)の年収は?

 

有名かつ、数々のプロデュースを手掛けていて、さらに、シングル及び、収録アルバムのセールスの累計は、3000万枚にも及ぶということで、平井堅やCHEMISTRYなどもプロデュースしているということで、有名プロデューサーの部類に入ります。

ネット上で確認する、一般的な音楽プロデューサーは、40代以上で、高くて687万という年収ということで、一般的な会社員並みですが、有名どころを調査するとまず、Perfumeやきゃりぱみゅぱみゅをプロデュースする中田ヤスタカさんで3000万円を超える年収を稼いでいます。

そして、アイドルグループのAKB48をプロデュースする秋元康さんは、年収50憶を超えるといいます。

総合的にみて、キャリアの長さを考慮すれば、中田ヤスタカさんよりは年収は多いということが予想され、年収は億を超えるといっても過言ではありません。

松尾潔(まつおきよし)の口の歪みは?

松尾潔は、口の歪みがあるということが言われてますが、『顔面麻痺』かという噂があります。

『顔面麻痺』の主な原因は、飲酒、ストレス、疲労ということが言われているので、『ヒット請負人』ということも言われているので、ストレスや疲労といったものは、数知れずといったところではないでしょうか?

顔面麻痺で印象的な有名人は、ビートたけしでしょうか?ビートたけしは、事故によって、『顔面麻痺』を患いましたが、なんとなく似たような口の曲がり方を感じます。

口の歪みも印象的ですが、口とともに鼻も何かつけた様な鼻をしているので、それがさらに口の歪みを象徴している様に感じます。

ビートたけしの様に事故にあったか喧嘩でもして、口と鼻が少し変形した可能性も実際にはあります。

まとめ

今回、松尾潔について調べましたが、基本的に音楽関連の裏方の仕事をしています。

有名歌手を多々プロデュースしている人物になるので、その年収は億を超えるということが言えます。

現在進行形で活躍している人物で、仕事が多忙なのは明らかだということが言えて、その影響で、『顔面麻痺』を患った可能性はありますが、生まれつきの可能性もあります。

ただ、口と鼻が微妙に様々な写真を比較すると、以前と違う様な感じを受けるので、何かあった可能性もあります。

しかし、年齢が52歳にもかかわらず、スレンダーな体つきを保ち、丹精な顔をしています。

これからも多くのヒット曲をプロデュースし、活躍してもらいたいですね。

    -Singer・Idol

    © 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5