Soccer Sports

リオネル・メッシのバルサ退団理由・原因とは何?理由は年俸で移籍先の候補はパリ?一体どこなのか!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『リオネル・メッシ』がバルセロナを退団するということで、話題になっているということで、その『リオネル・メッシ』のバルセロナの退団理由を調べるとともに、移籍先はパリ・サンジェルマンが有力ということですが、一体どこか調べてみようと思います。

リオネル・メッシのwiki風プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿

【名前】: リオネル・メッシ (Lionel Messi)

【本名】: リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ (Lionel Andrés Messi Cuccittini)

【通称】: Leo

【生年月日】: 1987年6月24日

【年齢】: 34歳(2021年8月現在)

【出身】: アルゼンチン、サンタフェ州、ロサリオ

【身長】: 170cm

【所属】: バルセロナ(2021年8月現在)

【Instagram】: leomessi

【twitter】: @fundacionmessi

リオネル・メッシの経歴・生い立ち!】

言わずと知れた、世界最高のサッカー選手の一人である『リオネルメッシ』は、アルゼンチンで3番目の子供として生まれ、10歳の頃、成長ホルモン分泌異常の症状が発覚し、成長ホルモン投与なしでは、身体が発達しないという診断が下されました。

13歳の時、FCバルセロナの入団テストの際、バルセロナに移住、成長ホルモン分泌異常の治療費を条件にバルセロナに入団し、その後の所属チームや実績は下記の通りです。

  • バルセロナ・ユース (2000~2003)
  • バルセロナ C (2003~2004)
  • バルセロナ B (2004~2005)
  • バルセロナ・トップチーム(2004~2021)

『リオネル・メッシ』の試合数とゴール数は下記の通りです。

  • バルセロナ C:試合数 10:得点 5
  • バルセロナ B:試合数 22:得点 6
  • バルセロナ :試合数 520:得点 474

 ※ 2021年8月現在

他の選手とは、桁違いの試合数とゴール数になり、チームでの活躍は凄まじいですが、ワールドカップでの優勝がないということで、マラドーナと比較するとぎりぎりの試合での『勝負強さ』が違うのかなと思いますが、現時点での世界最高の選手であることは間違いないですね。

リオネル・メッシの退団理由・原因は何!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿

『リオネル・メッシ』のFCバルセロナの退団が決まり、退団理由としては、下記の通りです。

メッシが50%の減俸受け入れ5年契約の予定だったという報道がありましたが、契約は結ばれず、バルセロナが大きな負債を抱えており、メッシとさらなる契約を結べば、負債が増えることにより、実現ができず、リーガ・エスパニョーラもこれを認めないということです。

結論としては、理由は年俸ということで、年俸は『7100万EUR(約92億円)』ということで、その半額でも『約46億円』という破格の年俸となるので、リーガ・エスパニョーラが導入する『サラリーキャップ制度』がネックとなり、パンデミックの影響で、『サラリーキャップの上限度』が低くなり、『リオネルメッシを抱えるのは難しい運びとなっている様です。

【サラリーキャップとは!?】

2013年、『スペイン政府スポーツ上級委員会(CSD)』『スペインプロリーグ機構(LFP)』がリーガ・エスパニョーラの債務削減の為、人件費の上限額を決める、『サラリーキャップ制度』を導入しました。

これが、『リオネル・メッシ』がFCバルセロナを退団しなければならなかった問題の様です。

リオネル・メッシの移籍先はパリ・サンジェルマンor どこ!?

 『リオネル・メッシ』のFCバルセロナの退団により、移籍先はどこかということですが、候補として挙げられているのは下記の通りです。

【チーム名】:パリ・サンジェルマン(パリSG)

【筆頭株主】:カタール首長タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー氏

上記のツイッターは『筆頭株主』の弟のツイッターアカウントで、『ハマド・ビン・ハマド・アール・サーニー氏』の交渉をしたかの様なアナウンスがあり、話題となっています。

『パリSG』は、ブラジル代表の『ネイマール』、フランス代表『ムバッペ』を要するチームで、推定資産80億ドル(約8500億円)を保有しているサッカーチームになり、『リオネル・メッシ』を獲得するには、潤沢の資金力があり、可能性としては多いにありますね。

ただ、『リオネル・メッシ』も年齢が34歳(2021年8月現在)ということで、世代交代の波があるわけで、『アンドレス・イニエスタ』も日本で活躍しているのを見ると、日本行きも可能性としてはありますね。

ただ、まだ後2年程は、トップチームでやっていける様な気もするので、『パリSG』が最有力と考えてよいかもしれませんね。

-Soccer, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5