Kick boxing Sports

【志郎】京谷・鈴木真彦・ルンキットを倒した男!?那須川天心に勝つ可能性と強さの秘密は?wiki・戦績・本名をチェック!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは ♪

『志朗選手』は、以前、『那須川天心選手』と試合をして、判定で負けましたが、『ロッタン選手』と同じくらい『志朗選手』は、『那須川天心選手』とを追い込んだといっても不思議ではありません。

そして、2020年11月1日RISEで、『那須川天心選手』挑戦者決定トーナメントで見事、優勝し、『那須川天心選手』に再度、挑戦するということで、注目されています。

『志朗選手』のwiki、戦績、本名、『那須川天心選手』に勝つ可能性を分析してみようと思います。

志朗(しろう)選手のwiki風プロフィール

【名前】志朗

【本名】松本志朗

【生年月日】1993年6月23日

【年齢】: 28歳(2022年4月現在)

【出身地】: 埼玉県

【身長】 :  165cm

【体重】54kg

【戦績】25勝4敗4分(2021年4月現在)

【所属ジム】:  キックボクシングBeWELLジム

【獲得タイトル】:  ISKAムエタイ世界バンタム級

【twitter】@shiro0623

3歳からキックボクシングを始め、15歳の中学卒業後に、単位制高校進学と同時期に、ムエタイ修行のため、タイに行き、、バンコク最大のスラム街ででバンコクで1、2を争うくらいの練習の激しいジムの96ピーナンジムに所属し、寮に住み込みで、他のムエタイ選手と練習に励んだといいます。

2009年8月15日、ルンピニースタジアムでムエタイデビューを果たしました。

2010年1月17日、16歳の時に、日本の後楽園で、プロデビューを果たし、2RKO勝利を果たしました。

2016年1月10日、ISKA世界ムエタイバンタム級世界チャンピオンを奪取しました。

2019年9月16日、RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級に出場し、準決勝で、タイの『ルンキット選手』(ロッタン選手に過去に勝利)と対戦し、判定勝ちを収め、決勝では『那須川天心選手』と対戦し、判定負けを喫した。

結果は、準優勝で終わりました。

2020年1月13日RISE136で、過去に『武尊選手』を破った『京谷祐希選手』と対戦し、2者が30-29という結果で判定勝ちを収めました。

2020年11月1日、RISEで-55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメントで決勝で、『鈴木真彦選手』を破り、優勝を飾りました。

2021年9月23日、RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント決勝戦で、Teppen gym 所属の『風音選手』と対戦し、延長判定3-0で判定負けを喫しました。

志朗選手は京谷祐希、鈴木真彦、ルンキットに勝った!?

前述した通り、『志郎選手』2019年9月16日、タイの『ルンキット選手』に判定勝利を収めていて、その『ルンキット選手』はあの『那須川天心選手』を追い込んだ男『ロッタン』を破っているということなので、『志郎選手』がどれほど強いかわかります。

2020年1月13日、『武尊選手』は過去に一度だけ敗れていて、その選手が『京谷祐希選手』ということで、注目されていました。

その『京谷祐希選手』と試合をし、かなり拮抗した試合でしたが、2-0の判定勝利を収めました。

2020年11月1日、『鈴木真彦選手』と対戦し、『鈴木真彦選手』は、『京谷祐希選手』同じジム(山口道場)に通い、『志郎選手』は、試合をする前は、20連勝中でしたが、最後は、ダウンを奪い、最終的には3者30-27で判定勝利を収めました。

『志郎選手』は、強豪を連破しているので、かなり強い選手だということがわかります。

志朗選手が那須川天心に勝つ可能性は?

2019年9月16日 RISE WORLD SERIES 2019 決勝戦で、『那須川天心選手』と対戦し、判定負けを喫しました。

『那須川天心選手』いわく、『志郎選手』は、かなり対策をしていたことがわかり、勝利に対して、並々ならぬ気持があると思います。

『那須川天心選手』いわく-55kg~『那須川天心選手』挑戦者決定トーナメントでは、圧倒的な強さを誇っていたということを言っていた共に、、『志郎選手』『那須川天心選手』対策をしいているということですが、対策をたてれば勝てるわけではないということを言っていて、まだ見せていないものがたくさんあるということを言っている。

『志郎選手』は、以前より強くなっているのは確かですが、新しいことをやってくれば、対策も何もないので、厳しい戦いになるのは間違いなく、なにより『那須川天心選手』はスピードが段違いに早いので、そこが鍵になってくると思います。

『那須川天心選手』も以前より強くなっているとともに、『志郎選手』も強くなっていると思うので、良い勝負になるのは必須だと思います。

まとめ

今回、『志郎選手』について調べましたが、本名は『松本志朗』、戦績は 25勝4敗4分になります。

勝つ可能性はあると思いますが、やはりスピードに勝る『那須川天心選手』に勝つのは難しく、良い勝負になるのは必須だと思います。

-Kick boxing, Sports

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5