Mixed Martial Arts Sports

トフィック・ムサエフの強さ・戦績は!?国籍・出身などをwiki風にまとめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

トフィック・ムサエフとは一体、何者なのか?彼の強さや戦績を調べるとともに出身や国籍などをwiki風にまとめてみようと思います。

ホベルトサトシソウザとの試合は一体どうなるのかということが注目されるところで、ましホベルトサトシソウザ選手が勝利するようなことがあれば、ライト級は面白くなってきますね。

トフィック・ムサエフのwiki風プロフィール

【名前】: トフィック・ムサエフ(Tofiq Musayev)

【通称】:  コーカサスの死神

【生年月日】: 1989年12月15日

【年齢】: 31歳(2021年5月現在)

【出身】:  バクー

【身長】:  178cm

【体重】: 70kg

【獲得タイトル】:  RIZINライト級トーナメント優勝、散打世界チャンピオン

【所属】: ORION FIGHT CLUB

【戦績】:  18勝3敗(2021年6月現在)

【Instagram】:  tofiq__musayev

【twitter】:  @Tofiq__Musayev

【トフィック・ムサエフの経歴・生い立ち】

12歳で空手を始め、中国武術の散打の世界チャンピオンになった経験を持ちます。

2013年5月28日、総合格闘技デビューを果たし、ヒールホールドで1本勝ちを収めました。

その後は、中国の大会などで勝利を重ね、2018年12月31日、RIZINに参戦し、『大尊伸光選手』と対戦し、片手で抑え込み、そのままグラウンドでパンチ連打の勝利を収めました。

2019年12月31日、RIZIN.20のライト級トーナメントで、決勝まで駒を進め、Bellatorからの刺客『パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ』と対戦し、3-0の判定勝利を収めました。

2020年9月、志願して徴兵に参加し、『映画ではない現実』を目にし辛い経験をしたということです。

トフィック・ムサエフの出身・国籍は!?

トフィック・ムサエフ選手の出身は、アゼルバイジャンの首都の『バク』で、国籍は『アゼルバイジャン』ということになり、フェザー級のヴガール・ケラモフ選手』と同門で、出身も国籍も同じということになります。

場所は、イランやアルマニアの隣で、トフィック・ムサエフ選手は徴兵に志願し、その時の敵国がアルマニアだったということです。

トフィック・ムサエフの戦績・強さは!?

トフィック・ムサエフ選手の戦績は、18勝3敗(2021年6月現在)ということで、2015年から負けなしということで、圧倒的な強さを誇っていますが、バックボーンは『空手』『テコンドー』『レスリング』『散打』で、ホベルトサトシソウザいわく『打撃が強い、投げのディフェンスも強い。』ということを言っていて、ただまだ『グラウンドを見たことがない』ということで、グラウンドの強さは未知数ということが言えます。

過去に3敗してますが、その内2回は、『チョークスリーパー』『三角締め』ということで、グラウンドに苦手意識があるように思え、勝ちパターンは打撃でのKO勝ちということになっているので、グラウンドに持ち込む前に、打撃の連打で勝ちを収めている様に思えます。

トフィック・ムサエフ選手の強さは、やはり『打撃の破壊力とスピード』にあるとともに、グラウンドは苦手意識があると思います。

関連記事
ヴガール・ケラモフ(総合格闘家)の強さ・戦績は?出身・国籍などをwiki風まとめ!

ごきげんようAu-Saです ♪♪ ヴガール・ケラモフとは一体誰なのか?彼の強さや戦績を調べるとともに出身よ国籍などを含めてwiki風にまとめてみようと思います。 斎藤裕選手との試合は一体どうなるのかと ...

続きを見る

関連記事
ホベルト・サトシ・ソウザの矢地祐介に勝ち強いが戦績は!?出身・身長・兄弟・wikiは!?

ごきげんようAu-Saです ♪♪ ホベルト・サトシ・ソウザはRIZINで谷地祐介相手に圧勝し、その強さは圧倒的で、注目の選手です。 クレベルコイケ選手とも同ジムで柔術主体のファイトスタイルで、そのホベ ...

続きを見る

 

-Mixed Martial Arts, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5