ya-man

Kick boxing Sports

【RIZIN】Ya-man(ヤーマン)【格闘家】の戦績&強さは!皇治より強いのか!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ya-man

ごんにちは!Au-Saです ♪♪

『皇治選手』と対戦する『Ya-man』という選手は一体、何者なのかということで、強いのか戦績はどうなのか気になるところですね。

『Ya-man』は、今後、注目集める選手ということで、RIZINの榊原代表もいっているので、もし、『Ya-man』が勝つことができれば、今後、さらに注目を集めていく選手であることは間違いないですね。

Ya-man(ヤーマン)とは誰!?

ヤーマン

【名前】: Ya-man (ヤーマン)

リングーネームは『 Ya-man (ヤーマン)』ということになり、ニックネーム(通称)は下記の通りになります。

【通称】:  キングオブストリートファイト、ピーマン

ニックネームのピーマン』は、『皇治選手』が命名したニックネームになりますね(笑)

RIZINの会見で、『皇治選手』にタメ口を聞いていましたが、一体、年齢は何歳なのか気になりますが、下記の通りになります。

【生年月日】:  1996年5月31日

【年齢】: 26歳(2022年6月現在)

Ya-man (ヤーマン)の出身は一体どこなのかということが気になりますが、調べたところ下記の通りになります。

【出身】: 埼玉県富士見市

母子家庭で育ち、母親は『埼玉県富士見市』にある『Allure(アリュール)』というスナックを経営している様ですが、パンデミックの影響で、状況は厳しいようですね。

【血液型】: o型

【所属】: target shibuya

所属は、元キックボクサーの宮城大樹選手』が運営するジムになり、場所は『東京都渋谷区神宮前5-30-1』にあるようで、『宮城大樹選手』は、『第4代RISEバンタム級チャンピオン』のタイトルを保持していたこともある選手になります。

『平本漣選手』いわく、宮城大樹選手は、RISEという格闘技団体では、優遇されているということです。

【Instagram】: ya_mankick

【twitter】: @ya_man_shibuya

【Youtube】: 翔んでやーまん

父親は、服役した過去を持ち、祖父、祖母は、『Ya-man』自身の養育費3000万を持ち逃げし、どこかへ消えたということで、めちゃくちゃな家系だったことがわかりますね。

Ya-man(ヤーマン)の戦績はどうなのか!?

ヤーマン

Ya-man (ヤーマン)の戦績はどうなのか気になるところですが、戦績は下記の通りになります。

【戦績】:  11勝3敗(2022年6月現在)

キックボクサーとして、株を上げたのは、『中村寛選手』との試合になり、会見では、『中村寛選手』を挑発していましたが、あまり相手もされずといったところでしたが、元K-1スーパーフェザー級王者の『大雅選手』を破ったこともある『中村寛選手』を判定の末、勝利を収めました。

デビューは、2018年2月4日になり、対戦相手は、『澤谷大樹選手』になり、判定勝利を収めています。

KO率は低く、3KOになり、ただKO負けもないということで、まだまだ王者を狙える選手であることは確かですね。

Ya-man(ヤーマン)の強さはどうか!?

ヤーマン

Ya-man (ヤーマン)の強さはなんなのかということですが、『平本蓮選手』いわく、適当にパンチを打っているようで、打ち合いの時に、バランスが良くて先にパンチが当たるということです。

さらに、パンチ力があるということですが、普通のキックボクシンググローブだと花が咲かない存在でしたが、オープンフィンガールールでは上り調子だということで、『武尊選手』を倒した『京谷裕希選手』が所属する山口道場の『山口侑馬選手』を2RKOで勝利を収めています。

『中村寛選手』との試合は、ボクシンググローブだったので、結局のところ、どちらでもいけるようですが、本領を発揮できるのは、オープンフィンガーグローブということで、素手に近い喧嘩のような試合が調子が良いようですね。

喧嘩は、14歳から20歳までの間で、1度だけ負けたことがあるということですが、どれだけの喧嘩をしたのかは不明ですね(笑)

キックボクシングを始めたのは、19歳のころということなので、幼少の頃から始めている選手が多いキックボクサーの中では遅く始めたといったところでしょうか?

『那須川天心選手』は5歳から極真空手を始め、『平本蓮選手』は小学生の時に既に、キックボクシングを始めているので、天才と呼ばれる選手は、幼少の頃から、キックボクシングを始めているケースが多いですね。

Ya-man(ヤーマン)は皇治より強いのか!?

Ya-man (ヤーマン)は、『皇治選手』より強いのかということですが、『皇治選手』は、K-1からRIZINに移籍し、RIZIN初戦は、『那須川天心選手』と対戦し、判定負けを喫し、その後は、頭突き(バッティング)などの問題で、良い試合はない状況で、『祖根寿麻選手』と対戦し、勝利を収めましたが、MMAの選手なので、キックボクシングが本業ではない選手です。

『皇治選手』の年齢は、32歳(2022年1月現在)になるので、キックボクサーとしては、引退してもよい年齢になるので、『Ya-man (ヤーマン)』は、上り調子の選手ということで、試合をしたら、良い試合になる可能性は高いですね。

『三段論法』で考慮すると、『Ya-man (ヤーマン)』は、『中村寛選手』に勝利し、『中村寛選手』は、元K-1選手の『大雅選手』に勝利し、『大雅選手』は、『皇治選手』に過去勝利を収めています。

『皇治選手』『大雅選手』と対戦したのは、2017年になり、その後、『皇治選手』は、所属を『シルバーウルフ』に変えたり、進化を遂げています。

過去の実績でいうと、トントンといった実力者同士だと感じられますが、『平本連選手』いわく、自身をセコンドにつけたら、『Ya-man (ヤーマン)』に勝つことができると豪語しています。

-Kick boxing, Sports

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5