Climber

野中生萌(のなかみほう)の出身や生い立ち・学歴(小学校・中学校・高校・大学)まとめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちはAu-Saです ♪♪

『野中生萌選手』は、『スポーツクライミング』の選手ですが、その『野中生萌選手』が可愛いということで、注目を集めていますが、その『野中生萌選手』の出身や生い立ち、学歴を調べていこうと思います。

『野中生萌選手』は、東京オリンピックでは銀メダルを獲得する程の実力者でありながら、外見も美人ということで、Youtubeもやっている様なので、今後は、幅広い活躍が期待できる選手であることは確かですね。

野中生萌(のなかみほう)のwiki風プロフィール

【名前】: 野中生萌(のなかみほう)

【生年月日】 : 1997年5月21日

【年齢】 24歳(2021年10月)

【身長】:  162cm

【血液型】:  B型

【職業】: プロクライマー

【Instagram】:  nonaka_miho

【Youtube】Miho Nonaka / 野中生萌

野中生萌(のなかみほう)の経歴・生い立ち!

父親の影響で、小学校3年生の時、『クライミング』を始め、苦手なスポーツは水泳で、好きな化粧品は『MAC』、好きなジムは『荻窪のB-pump』、海外で思い出がある岩場は、南アフリカの『ロックランズ』になり、好きな男性のタイプは、『面白い人』ということです。

『野中生萌選手』自身の好きなところは、『Positive(ポジティブ)』、好きな言葉は、『今に見てろと笑ってやれ!』、人生で、アルバイトの経験がないということで、競技で生活をしているのと、Youtube収入で生活をしているだと考えられます。

Youtubeを始めたきっかけは、イベントや大会が、パンデミックの影響で、できなくなったことがあり、様々な人と触れ合いたいという思いがあるといいます。

17歳の時に、『ボルダリング』にシフトし、『ボルダリング』の魅力は、『限界がない、常に新しい課題がある、常に上が目指すことができる』ということで、『クライング』から学んだことは、『どのようなアプローチをしたら、この問題を解くことが可能か』、さらに『メンタルの強さ』の成長が学んだ部分だということです。

※ ボルダリング:最低限の装備のシューズとチョークで、クライミングをすること

『野中生萌選手』のクライミングでの主な成績は下記の通りになります。

  • 2015年:IFSCクライミングアジア選手(寧波)・金メダル(ボルダリング)
  • 2015年:ワールドカップ・銅メダル(ボルダリング)
  • 2016年:ワールドカップ・銀メダル(ボルダリング)
  • 2016年:IFSC世界選手権(パリ)・銀メダル(ボルダリング)
  • 2017年:ワールドゲームズ(ヴロツワフ)・銀メダル(ボルダリング)
  • 2018年:ワールドカップ・金メダル(ボルダリング)
  • 2020年:東京オリンピック・銀メダル(複合)

東京オリンピックでは、『銀メダル』を獲得し、オリンピックは、『ボルダリング』のみではなく、下記の3種をこなし、順位を決めます。

  • ボルダリング (3位)
  • リード(2位)
  • スピード (3位)

上記の成績により、東京オリンピックで、銀メダルを獲得し、一騎に注目を集め、オリンピック前は、怪我などに苦しみ、寝れない日々を過ごしましたが、それを乗り越えての銀メダルの獲得となった様ですね。

野中生萌(のなかみほう)の出身地はどこか!?

『野中生萌選手』の出身地はどこかということですが、下記の通りになります。

【出身地】:東京都豊島区

『野中生萌選手』は、『東京都豊島区出身』になり、シティガールというわけで、見た目はギャルの雰囲気を醸し出していますね。

『東京都豊島区出身』の有名人は下記の通りになります。

  • 愛川欣也 (俳優)
  • 柴咲コウ (女優)
  • 松本潤 (嵐)

クライミングを練習する場所は、都会にしかありそうにないイメージなので、練習場所には不自由がなさそうですね。

野中生萌(のなかみほう)の出身小学校はどこか!?

『野中生萌選手』の出身小学校はどこかということですが、下記の通りになります。

【出身小学校】: 文京区立林町小学校

【所在地】: 東京都文京区千石2-36-3

『野中生萌選手』は、『東京都豊島区出身』ですが、文京区の小学校に行ったことが謎ですが、小学校時代から、『クライミング』を始め、大会に出て、負けたら泣くほどの負けず嫌いの性格の様ですね。

文京区のホームページで、メダルを獲得した選手は、大きく取り上げられていて、他の文京区ゆかりのメダリストは下記の通りになります。

  • ウルフ・アロン
  • 木村敬一

『野中生萌選手』は、『文京区立林町小学校』のホームページでも取り上げられていますね。

野中生萌(のなかみほう)の出身中学校はどこか!?

『野中生萌選手』の出身中学校はどこかということですが、下記の通りになります。

【出身中学校】: 豊島区立駒込中学校

【所在地】: 東京都豊島区駒込4-5-1

『野中生萌選手』は、中学校は、『豊島区』の中学校ということですが、『文京区立林町小学校』とは近い場所にあるので、『豊島区立駒込中学校』『文京区立林町小学校』の中間地点に住んでいた可能性はありますね。

『豊島区立駒込中学校』出身の有名人は、下記の通りになります。

  • 金指一世(ジャニーズ)

以上、『野中生萌選手』の出身中学校になります。

野中生萌(のなかみほう)の出身高校はどこか!?

『野中生萌選手』の出身高校はどこかということですが、下記の通りになります。

【出身高校】: 目黒日本大学高等学校 (スポーツコース) ※旧・日出高等学校

【所在地】: 東京都目黒区目黒1丁目

【偏差値】: 43

『目黒日本大学高等学校』は多くのスポーツ選手、芸能人を輩出している学校になり、『野中生萌選手』は、この高校の2年の時に、通信制へ移った様で、高校時代は、『クライミング』でアジア選手権2連覇、世界ユース選手権では2位の成績を収めていますね。

『目黒日本大学高等学校』出身で、『野中生萌選手』と同年代(2016年卒)の有名人は下記の通りになります。

  • 玉城ティナ (女優)
  • 小芝風花 (女優)
  • 中川可菜 (女優)
  • 飯豊まりえ (女優)
  • 北村匠海 (俳優)

通信制課程は、『進学クラス』、『普通クラス』、『芸能、スポーツプロフェッショナルクラス』とあり、進学クラスでは、週2,3日の登校になり、普通クラスは、月2,3日の登校ということなので、『芸能、スポーツプロフェッショナルクラス』は、ほとんど行く必要がない様に思えますね (笑)

以上、『野中生萌選手』の出身高校になります。

野中生萌(のなかみほう)の出身大学はどこか!?

『野中生萌選手』の出身大学はどこかということですが、『野中生萌選手』は、高校卒業後は、大学へ進学してはいない様ですね。

『クライミング』の練習場として、『立教大学』『豊島区』が連携し、東京都内に初となる『スピードクライミング壁』『立教大学』の池袋キャンパスに設置し、『野中生萌選手』は練習を立教大学で行っていたということになりますね。

スポーツ推薦で、大学は進学できそうですが、進学せず『プロクライマー』として、活動していたということになりますね。

-Climber

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5