Entertainment Model・Actress・Actor

【海老蔵の息子】堀越勸玄(ほりこしかんげん)君の病名・原因・どこの病院で手術!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

2021年4月30日、インスタグラム上で、市川海老蔵さんが息子の勸玄(かんげん)くんが手術を受けたということで、病名・原因・病院はどこなのかということを調べていこうと思います。

堀越勸玄(ほりこしかんげん)君の病名は!?

右手の手のひらに何かできものができたということで、手術をしたということで、一体、何の病気なのか調べてみました。

【病名はカングリオン!?】

勸玄(かんげん)くんの手

症状は、『痛み』、『しこり』、『しびれ』、『手や足の動かしにくさ』ということで、特徴としては、腫瘤ができることが特徴で、手を動かし過ぎると腫瘤が大きくなる可能性があるということです。

神経の近くにカングリオンができると、神経が圧迫され、痛みやしびれの症状が現れるといいます。

海老蔵さんいわく、『何か手にできて、どんどん大きくなったので』という発言から、症状が一致していますね。

【カングリオンに似た症状の病気は!?】
【脂肪種!】

脂肪種は、脂肪でできた良性の脂肪で、カングリオンと決定的に違うのが、硬さということで、脂肪種の場合は柔らかさがあるということですが、勸玄(かんげん)くん手術をしたくらいなので、脂肪種の部類ではない様な気がします。

【腱鞘巨細胞腫!】

手や足にある「腱鞘(けんしょう)」という組織に良性の腫瘍ができる病気で、これができると『腱』の働きを邪魔し、関節の動きを悪くするということです、カングリオンと腱鞘巨細胞腫を区別するには画像を取る必要があるということです。

【粉瘤!】

何らかの原因で、皮膚の中に皮膚組織が作られ、その中にあかや皮脂がたまってしまうことでできるということで、できる場所としては、背中、頬、耳たぶなどが多いということで、放置すると10cmくらいの大きさになることがあるということです。

堀越勸玄(ほりこしかんげん)君の病気の原因は?

仮に勸玄(かんげん)くんが『カングリオン』だとしたら、『カングリオン』になる原因は、解明されていないということで、ただ、手を使いすぎると腫瘍が大きくなると言われています。

海老蔵さんいわく、腫瘍が『どんどんと大きくなった』ということなので、『カングリオン』と同じ症状になるので、この病気の可能性はあり、基本的に、手は頻繁に使うものなので、子供で手を頻繁に使うとなると、ゲームを頻繁にすることで、腫瘍が大きくなったという事が言えますね。

堀越勸玄(ほりこしかんげん)君はどこの病院で手術!?

以前は、目黒区青葉台に住んでいたという情報がありましたが、現在は、都内のマンションに住んでいるという情報があり、『海老蔵・マンション』で検索すると『グロブナープレイス神園町』と出てきましたが、海老蔵さんがここに住んでいるかは不明です。

仮にここに住んでいたとして、この近辺の病院だと思いますが、『病院』に関しては、真央さんのこともあるので、信頼している医師のところに行く可能性は大ですね。

結局、最初の病院が『がんを見落とした』ということが言われているので、そこの病院に行くことはないということは言えて、仮に『カングリオン』という病名で考えると『皮膚科』『整形外科』ということが言われているので、小林麻央さんが最後に入院した病院は『慶応義塾大学病院』という噂があるので、『慶応義塾大学病院』の皮膚科・整形外科で手術した可能性はありますね。

『慶応義塾大学病院』であれば、新宿区にあるので、仮に海老蔵さんが『グロブナープレイス神園町』に住んでいれば、近いので、要因としてはあげられますね。

関連記事
堀越勸玄くん(海老蔵の息子)の読み方は!?本名・家族構成・学歴などをwiki風まとめ!

ごきげんようAu-Saです ♪♪ 市川海老蔵さんに息子がいて、勸玄くんと名前ですが、一体なんと読むか不明なので、調べてみるとともに、歌舞伎俳優の息子ということで、本名なのかどうかと家族構成・学歴などを ...

続きを見る

-Entertainment, Model・Actress・Actor

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5