Others

トンガの海底噴火&火山の画像・場所はどこ!?オーストラリア大陸と規模比較!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

トンガ

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『トンガ』で海底噴火が起きたということで、その規模の大きさが気になるところで、調べてみようと思います。

日本では、最高気温が50.7度超えをし、地球では異常気象が続いているように感じ、人口も爆発的に増えているので、地球はどうなっていくのか非常に気になるところですね。

トンガ(tonga)の場所はどこか!?

【国名】:トンガ王国 (kingdom of tonga)

場所は、オーストラリア大陸が近くポリネシア地域に位置し、北西にはフィジー諸島があり、公用語は、下記の通りになります。

【公用語】:英語、トンガ語

人口は、約10万人程の小さな国なり、ポリネシアの多くは、無人島になり、気温は年間を通して暖かいようで19度~30度の気温を保持しているようですね。

オセアニア地区にもなり、日本からの直行便はなくオーストラリアのシドニーから4時間程のフライトで行くことが可能のようです。

小さい国・島になり自然豊かな国のようで、『トンガ』といえば、ラグビーがイメージでき、ニュージーランドのラグビーチームが行う『ハカ』をやっているイメージがありますね。

人口が約10万人しかいないので、日本でいったら、町や村のレベルの人口しかいないということですね。

 

トンガ(tonga)の海底噴火&火山の場所や画像は!?

海底噴火や火山の場所はどこか調べたところ下記の通りのようですね。

【場所】:フンガ・トンガ(Hunga Tonga)

『トンガ』の首都は『ヌクアロファ』になりますが、そこから北へ約65kmのところの海底火山であり、『フンガトンガ・フンガハーパイ』と呼ばれる地域のようですね。

『トンガ』の島は、170の島からなり、その島の中で36の島に人が定住しているようで、『フンガトンガ・フンガハーパイ』は写真で見るからに人は住んでいないようで、人が住めそうな場所でもないですね。

噴火したということで、画像で見るからに、かなりの大規模な爆発ということで、『トンガ』本体や周りの『フィジー諸島』なども気になるところですね。

これと同時に西オーストラリアの『オンスロウ』では、最高気温50.7度越えをし、地球が変化をしているように思えますね。

『オンスロウ』という町は、メジャーな町ではないですが、パースのずっと北に位置する場所のようで、熱いということもあり赤道に近い地域になりますね。

トンガ(tonga)の海底噴火&火山の大きさとオーストラリア大陸比較!

『トンガ』の海底噴火&火山はどのくらい大規模なものなのかオーストラリア大陸と比較してみたところ、その規模の大きさが伺えますね。

『トンガ』では、1.2mほどの津波を観測し、日本の大地震で40m程の津波になるということで、『噴火』による津波はそこまで大きくないように思えますね。

ただ、専門家が言うには、『噴火』による津波は1回ではなく何回も続く特徴があり、注意が必要だということですね。

トンガ

上の図で、向かって右が『トンガ』の噴火の映像になり、左側がオーストラリア大陸で、比べてみると噴火の大きさがわかり、オーストラリア大陸と比較すると街一体を覆い隠すような映像になっていますね。

比較すると、海底噴火の規模の大きさがわかりますね。

-Others

© 2022 Au-Salog Powered by AFFINGER5