Kick boxing Sports

篠塚辰樹(しのつかたつき)とは一体!?戦績・学歴・出身などをwiki風にまとめてみた!復帰した小澤海斗との試合は!?強さのほどを検証してみた!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

小澤海斗選手は有名ですが、1年ぶりに復帰するということで、その相手が篠塚辰樹選手ということで、一体誰なのかということを調べるともに、戦績・学歴・出身などをwiki風にまとめてみるとともに、小澤海斗との試合はどうなるのか?

篠塚辰樹選手の強さのほどを検証してみようと思います。

篠塚辰樹(しのつかたつき)のwiki風プロフィール

【名前】 篠塚辰樹(しのつかたつき)

【通称】プロブレムボーイ

【生年月日】 : 1998年5月7日

【年齢】:  22歳(2021年2月現在)

【身長】:  175cm

【体重】:   57.5kg

【学歴】:   沼南高校

【出身地】: 茨城県神栖市

【戦績】 7勝2敗(2021年2月現在)

【所属jジム】:   Teppen gym → TARGET SHIBUYA  →  MASTER BRIDGE SOUND

【Instagram】:  tatsuki_masterbridge

【twitter】@tatsuki57breezy

アマチュアボクシングで、インターハイに出場し、ベスト8まで登りつめ、プロボクシングでも3勝1敗の成績を残し、2018年2月5日 からキックボクシングに転向し、RISEでプロデビューを果たしました。

RISEでの試合では、森本“狂犬”義久選手との試合が印象的で、3R判定では、1-0の優勢でしたが、延長に入り、失速し判定負けを喫しました。

煽り動画では、森本“狂犬”義久選手が『拉致って拷問したい』というかなりの挑発的言動を繰り返し注目されましたが、結果は、篠塚選手の微妙な判定負けでした。

篠塚辰樹(しのつかたつき)と小澤海斗の試合は?

篠塚辰樹選手は、K1に参戦し、いきなり知名度の高い小澤海斗選手との試合が決まり、2021年3月21日「K'FESTA.4 Day.1」で対戦する予定になっています。

会見では、挑発合戦で、小澤海斗選手は篠塚辰樹選手と森本“狂犬”義久選手との試合を上げていて、『ワンちゃん(森本選手)より強いと思っているので』という発言に対して、篠塚辰樹選手は、『RISEにいた狂犬というアホな奴がいて、こいつ(小澤海斗)もアホなことをいっているので、今回はしっかりKOして勝ちたいと思っている。』発言で返していいます。

お互いに試合が1年ブランクがあるということで、そのブランクがどう影響しているかということだと思うのですが、小澤海斗選手はこの試合に負ければ、さらに後退していくのは確かで、篠塚辰樹選手は、この試合で勝てば、K1での立場が確立してくるので、どちらも今後の進退が影響してくる試合になるのは確かです。

篠塚辰樹(しのつかたつき)の強さの程は?

まだ22歳(2021年2月現在)ということで、試合はあまりしていないですが、戦績は7勝2敗(2021年2月現在)ということで、森本“狂犬”義久選手との試合も延長の末、微妙な判定負けということなので、はっきりした負けはないということなので、かなりの強豪なのは確かです。

ファイトスタイルは、ボクシングをやっていたことから、ボクシング主体のファイトスタイルの様で、目の良さを感じさせる戦いぶりです。

勝ち星が7つあり、その中で、6つのKO勝利があることから、KO率の高さが象徴する通り、打撃力があることがわかります。

まとめ

今回、篠塚辰樹選手について調べましたが、戦績は、 7勝2敗(2021年2月現在)で、学歴は沼南高校、出身は、茨城県神栖市になります。

小澤海斗選手との試合は、3月21日に決まり、お互いに約1年ぶりの試合になります。

関連記事
小澤海斗(おざわかいと)が復活!?戦績・血液型・学歴(中学・高校)などをwiki風プロフィールにまとめてみた!?兄弟は双子という噂は本当?

ごきげんようAu-Saです ♪♪ 小澤海斗はK1選手ですが、昔は、タイトルも獲得したことがある選手で、武尊選手ともバチバチで戦ったことがある選手で、最近では肝心なところで勝てないという試合が続いている ...

続きを見る

-Kick boxing, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5