Mixed Martial Arts Sports

アランヒロヤマニハ(柔術家)と朝倉海の強さを比較!家族構成(嫁・子供)についても調査!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『アランヒロヤマニハ選手』は日系のブラジル人ですが、あの『クレベルコイケ』、『ホベルトサトシソウザ』が所属する『ボンサイ柔術』で練習を重ねている選手で、ボンサイ柔術の第3の選手ということが言われています。

そのアランヒロヤマニハ選手『朝倉海選手』の強さを比較してみるとともに、『アランヒロヤマニハ選手』の家族構成、嫁、子
供について調べてみようと思います。




アランヒロヤマニハ(柔術家)の強さは!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alan Yamaniha(@hiroyamaniha)がシェアした投稿

 『アランヒロヤマニハ選手』の強さは、戦績に関しては下記の通りになります。

【戦績】: 19勝8敗5分 (2021年9月現在)

【判定勝利】: 11

【判定負け】: 4

【1本勝ち】: 3

【1本負け】: 3

【KO勝ち】: 4

【KO負け】: 1

戦績から見ると、あまりKO勝ち、1本勝ちが少ない印象で、判定での勝利が多く、『RIZINバンタム級JAPANグランプリ』に出場している選手で、過去に戦ったことがある選手は、下記の通りの様です。

  • 石渡伸太郎 (判定負け0-2)
  • 金太郎 (TKO負け)
  • 瀧澤謙太 (TKO勝ち)
  • 春日井“寒天”たけし (判定勝ち)
  • 倉本一真 (判定勝ち)

総合格闘技では、『三段論法』があまり当てにならないということで、過去の対戦成績はあまり関係はないと思いますが、『朝倉海選手』と強さを比較すると、微妙な強さの選手ということが言えますね。

勝利数も判定勝利が多いので、破壊力はあるのかないのか微妙なところで、『金太郎選手』には負けてますが、『瀧澤謙太選手』にはTKO勝ちを収め、『瀧澤謙太選手』『金太郎選手』に判定勝利を収めているということで、微妙ですね。

朝倉海(あさくらかい)の強さは!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alan Yamaniha(@hiroyamaniha)がシェアした投稿

『朝倉海選手』の強さは、戦績は下記の通りになります。

【戦績】: 17勝3敗 (2021年9月現在)

【判定勝利】: 3

【判定負け】: 0

【1本勝ち】: 3

【1本負け】: 0

【KO勝ち】: 11

【KO負け】: 3

『朝倉海選手』は、判定での勝利は少なく、『KO勝ち』が多いということで、その強さは際立っていて、判定までいって負けることはなく、過去に負けた選手は3人になり、下記の通りになります。

  • 堀口恭司
  • マネル・ケイプ
  • ムン・ジェフン

やはり、『朝倉海選手』『アランヒロヤマニハ選手』を比較すると『朝倉海選手』に分があるのがわかりますね。

ただ、打撃での勝負は、『朝倉海選手』に分があっても、『ボンサイ柔術』出身ということで、寝技での勝負になったら、勝敗はわからなくなる様に思えますね。

アランヒロヤマニハ(柔術家)の家族構成(嫁・子供)は!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kah Fukushima(@kahfukushima)がシェアした投稿

『アランヒロヤマニハ選手』の家族構成は、下記の通りの様です。

【本人】: アランヒロヤマニハ (Alan hiro yamaniha)

【嫁】: カレン・フクシマ (Karen fukushima)

【娘】: ビクトリア・アヤ・ヤマニハ (Victoria Aya yamaniha)

18歳の時に、出稼ぎの為、日本に来て、そのまま日本に移住し、現在の奥さんである『カレン・フクシマさん』出会い、そのまま結婚し、娘もいる様ですが、生活自体は、格闘技専門で生きているわけではないので、少ない練習時間で、仕事をしながら総合格闘技をやっている様ですね。

娘の年齢は、2011年頃に生まれた様なので10歳位(2021年9月現在)になり、奥さんの年齢は、『アランヒロヤマニハ選手』と同年代くらいの年齢だと思いますが、詳細は不明です。

-Mixed Martial Arts, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5