Kick boxing Sports

加藤虎於奈の読み方が気になる!?レオナぺタスの実弟!?戦績・身長・出身をwiki風にまとめてみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんよう♪♪Au-Saです(*^-^*)

レオナぺタスの実弟と言われている加藤虎於奈選手が、第8代Krushウェルター級王者を奪取したということで、注目を集めているので、加藤虎於奈という名前が珍しいので、読み方、戦績、身長、出身などをwiki風にまとめて調べてみようと思います。

加藤虎於奈(かとうこおな)のwiki風プロフィール

【名前】:  加藤虎於奈(かとうこおな)

【生年月日】1996年3月21日

【年齢】: 24歳(2021年2月現在)

【出身地】: 埼玉県入間市

【身長】180cm

【戦績】6勝2敗(2021年2月現在)

【所属ジム】The spirit gym team top zeros

【獲得タイトル】:  第8代Krushウェルター級王者

【twitter】@321kona

【Instagram】: K.ona321

加藤虎於奈選手は小さい頃から空手をやっていて、その影響で、兄のレオナぺタスは格闘技の方向に進んだということです。

小さい頃に、レオナぺタスと一緒に、交通事故にあったことがあり、加藤虎於奈が重症にあったということです。

2017年12月9日にKrushデビューし、対戦相手、海斗を1Rで2ダウンを奪いKO勝利を飾りました。

2021年1月23日、Krushウェルター級王者山際 和希とのタイトルマッチで、カーフキックを効かせ、3R目には、ダウンを奪い、判定3-0で勝利を収め、第8代Krushウェルター級王者を奪取しました。

加藤虎於奈(かとうこおな)の兄弟は?

加藤虎於奈選手は、言わずと知れたレオナぺタスの実弟になり、兄のレオナぺタスは、武尊選手と試合をすることが決まっていますが、レオナぺタスも第9代Krushスーパー・フェザー級王者のベルトを保持しているということから、兄弟にKrushのベルトを保持しています。

そして、長男がレオナぺタスこと『加藤玲於奈(かとうれおな)』になり、次男は『加藤彪佑奈(ひゅうな)』、長女は『加藤麟鳳奈(りほな)』三男は、『加藤虎於奈(こおな)』になります。

変わった名前ですが、生粋の日本人の様です。

次男の『加藤彪佑奈(ひゅうな)』さんと長女の『加藤麟鳳奈(りほな)』さんは何をやっているか不明です。

加藤虎於奈(かとうこおな)の母親は?

加藤虎於奈選手の母親は、ガンで闘病中でしたが、2020年4月1日に亡くなり、長男のレオナぺタスは、母親が亡くなる前に、ベルトを取るということで、最後にKrushのベルトを奪取したことになります。

兄弟でKrushのベルトを取ったということで、天国にいる母親も喜んでいると思います。

レオナぺタスは、世界のベルトを見せたかったようで、武尊選手を倒して、K1の世界のベルトを取りたかったようです。

加藤虎於奈選手は、Krushのベルトを取ったので、次は、K1での世界のベルトでしょうか?

レオナぺタスは、武尊選手が、倒しきれなかった村越選手をKOで勝利し、盟友の大岩龍矢選手を判定で破っているので、武尊選手に勝つ可能性は十分にあります。

それから、加藤虎於奈選手が、K1でのベルトを取ると兄弟でK1でのベルトを取ることになり、母親を喜ばせることができると思います。

まとめ

今回、加藤虎於奈選手について調べましたが、加藤虎於奈の読み方は、『かとうこおな』で戦績は6勝2敗になり、身長は180cm、出身は埼玉県入間市になります。

まだ、若く練習相手がレオナぺタスとなるので、必然的に強くなる要素はありますね。

まだ若いので、まだまだ強くなる要素はありますね ♪♪

 

関連記事
レオナぺタスはニコラスぺタスと関係はある!?国籍・本名・戦績・wikiが気になる!武尊との試合はどうか!?

こんにちは♪♪Au-Saです ^^) _旦~~ レオナぺタスが大岩龍矢選手を破り、武尊選手との対戦を表明しましたが、名前は日本人の名前ではない為、国籍、本名・戦績・wikiを調べるとともに、名前が元K ...

続きを見る

-Kick boxing, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5