Chef

朝倉誠二(あさくらせいじ)パン職人の年収・家族構成が気になる!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

朝倉誠二さんはパン職人ですが、『BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(ブーランジェリーせいじあさくら)』で店をもっていて、テレビ出演もしている人物ですが、その彼の年収、家族構成を調べてみようと思います。

朝倉誠二(あさくらせいじ)のパンとは!?

朝倉誠二さんのバゲット部門、2014年の『パン・オブ・ザ・イヤー金賞』受賞したパンで、天然酵母で作ったパン、370円(税別)で、『黄金色バケット』と呼ばれ、トライしてみたい気持ちになりますね。

材料のこだわり、ビジネスにおいて重要な『客が喜ぶ』という点を重視したパン作りが人気の秘密といってよいかもしれません。

この『客が喜ぶ』という点を学んだのが、『不二製油』での商品開発に携わった『客目線での商品開発』かもしれませんね。

朝倉誠二さんのカレーパン部門で、2015年『パン・オブ・ザ・イヤー金賞』を受賞した『ぶどうの天然酵母チーズカレー』は、スイス産のグリュイエールチーズをメインに作り、野菜を形状のまま入れた『焼きカレーパン』が店では一番人気だそうです。

値段は330円(税別)、パンの人気の秘密は、カレーパンだけではなく、パン生地に秘密があるらしく『ブドウ、ゆず、ホップ』の3つ自家製酵母を使用したこだわりがなによりも特徴的ということです。

朝倉誠二(あさくらせいじ)の家族構成は!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(@boulangerie_seijiasakura)がシェアした投稿

父親が『公務員』で、3人兄弟の真ん中として生まれ、家族構成を調べましたが、まったくと言って良いほど情報が見つかりませんでした。

朝倉誠二さんは、結婚しているか調べましたが、まず店の規模が小さいので、上の投稿から、朝倉誠二さんが『パン作り』になり、投稿から数人のパン職人がいる様で、レジでのキャッシャーが1人と考えられ、店長に『池田さん』という方いる様です。

店の規模から考えると、もし奥さんがいるのであれば、『奥さん』が手伝っても良いと思いますが、店長は、苗字が違う様なので、従業員ということが言えるので、結婚はしてない可能性はあるかもしれませんね。

店を経営し、繁盛し、テレビ出演もしているので、寄ってくる女性は多い可能性はあると思いますが、どうなのでしょうか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(@boulangerie_seijiasakura)がシェアした投稿

朝倉誠二(あさくらせいじ)の年収は!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(@boulangerie_seijiasakura)がシェアした投稿

従業員は、店長がいて、販売員が一人、パン職人が2人~3人くらいいる様なので、1日の平均売上個数は500個という情報があるので、値段は、1個200円~500円ほどのパンを売っているので、500個×350円で1日の売上は、175000円ほどと考えてよいかもしれません。

木曜日が定休日ということで、週6日営業で計算すると1050000円の売上と考え、月換算であれば、4200000円になり、『賃料・光熱費・人件費』、賃料は、店の規模や立地を考えると20万程と考えます。

パン職人の平均年収は、365万円と言われ、月30万ほどの人件費を3人、店長、販売アルバイト、と人件費があり、販売アルバイトは1015円~と情報が記載され、1日の労働時間は、4~6時間で5日となると、月の人件費は81200円~97440円となります。

店長も月30万ほどの給料と考えて、月130万ほどの人件費、賃料20万、42万円程の材料費(原価率10%程)、20万ほどの光熱費(ネットの情報)、雑費を考えて、朝倉誠二さんの収入は、月の収入は100万ほどあって良いかもしれませんが詳細は不明です。

後は、テレビ出演、製パン技術講習会など人に教えている様なので、収入は月で100万以上~200万ほどあるかもしれません。

年収であれば、1200万~2000万越えも有り得る話ですね。

 

-Chef

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5