Kick boxing Sports

吉成名高の強さ・戦績・学歴(中学校・高校)・バックボーンなどをwiki風に!那須川天心との試合はいつ!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

吉成名高選手の強さが驚愕ということで、那須川天心選手との試合が期待されていますが、彼の戦績、学歴、バックボーンなどをwiki風にまとめてみようと思います。

実際、那須川天心選手は、ボクシングに転向しますが、転向前に、試合が組まれるのかどうか検証してみようと思います。

吉成名高(よしなりなだか)のwiki風プロフィール

【名前】吉成名高(よしなりなだか)

【通称】天才ムエタイ少年、ミラクルボーイ、ミライモンスター

【生年月日】2001年1月8日

【年齢】: 20歳(2021年7月現在)

【出身地】: 日本国神奈川県横須賀市

【身長】165cm

【体重】:   50.8kg 

【学歴】浦賀中学校ルネサンス高等学校

【戦績】35勝(23KO)5敗1分(2021年7月現在)、RIZIN 3勝無敗(2021年7月現在)

【所属ジム】エイワスポーツジム

【獲得タイトル】アマチュア17冠、WMC世界ピン級王者、WBCムエタイ世界ミニフライ級王者、IBFムエタイ世界ミニフライ級王者、ラジャダムナン・スタジアム認定ミニフライ級王者、ルンピニージャパンミニフライ級王者、ルンピニー・スタジアム認定ミニフライ級王者、タイ国スポーツ協会ナーイ・カノム・トムライトフライ級王者、初代BOMフライ級王者

【Instagram】 nadakamuay

【Twitter】@445_nada

【経歴&バックボーン!】

現在、プロで活躍する『吉成士門』は、いとこだということです。

幼少期に兄の影響により『空手』を始め、小学校3年でムエタイを始め、2年後にはムエタイの本場に修行へ出かけ、キックボクシングでは、17冠という快挙を遂げ、本場のタイでは、ミニフライ級でタイの2大殿堂『ルンピニースタジアム』、『ラジャダムナンスタジアム』でタイトルを統一し、日本人初の快挙を果たしました。

2020年8月9日、RIZINに初参戦し、対戦相手は優心選手で、ひじを多用し、2RTKO勝利を収めました。

吉成名高(よしなりなだか)の強さは!

吉成名高選手の得意の決め手『左ひじ』で、ムエタイを幼少の頃からやっていたということで、この様なスタイルだと思いますが、その『強さ』はムエタイの本場であるタイの2大殿堂スタジアム『ルンピニースタジアム』、『ラジャダムナンスタジアム』で同時王者(ミニフライ級)に輝き、これは外国人では二人目ということで、かなりの快挙ということが言えます。

『ラジャダムナンスタジアム』で王者になったことがある日本人選手は、小笠原仁、武田幸三、石井宏樹、梅野源治、吉成名高、藤原敏男、T-98、竜哉、石毛慎也の9選手のみとなり、『ルンピニースタジアム』では、吉成名高選手のみとなるので、さらにタイの選手は小柄な選手が多いため、競争率が高いのは軽量級となるので、この階級は『神の階級』と呼ばれているということで、その凄まじさがわかります。

吉成名高(よしなりなだか)と那須川天心の試合は?

RIZINに参戦し、3戦3勝(3KO)無敗で、試合後のマイクで『那須川天心選手』との対戦をアピールし、若干の体重の差があり、吉成名高選手の発言いわく、『55kgであれば、難しい試合になる』という発言があり、『53kgであれば、勝機はある可能性』という発言があるので、もし試合をするとなれば、体重がネックという形になります。

後は、ルールでキックボクシングルールとムエタイルールとは違い、那須川天心選手はキックボクシングルールが得意で、キックボクシングルールでは『肘なし』で、ムエタイでは『肘あり』ということで、後は、ムエタイは『首相撲』があるので、キックボクシングはないということで、ルールがネックになってきます。

那須川天心選手は、ボクシングに転向するということで、武尊選手との試合も注目を浴びているので、その前に試合が組まれる可能性はありますね。

吉成名高選手は、今後、注目される選手であるのは間違いないですね  ♪♪

-Kick boxing, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5