Boxing Sports

カシメロのボクシングの戦績・強さまとめ!経歴・国籍・身長などをwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんよう♪♪

井上尚弥選手との試合が期待されるジョンリル・カシメロ選手』ですが、その彼の戦績・経歴・国籍・身長などを含め、強さを検証し、wiki風にまとめてみようと思います。

ジョンリル・カシメロのwiki風プロフィール

【名前】:  ジョンリル・カシメロ(John Riel Casimero)

【本名】:  ジョンリル・リポンテ・カシメロ

【通称】:  Quadro Alas(全てを賭ける)

【生年月日】: 1989年2月13日 

【年齢】32歳(2021年6月現在)

【出身】オルモック

【国籍】:  フィリピン

【身長】:  163cm

【獲得タイトル】: WBO世界ライトフライ級暫定王者、IBF世界ライトフライ級王者、IBF世界フライ級王者、WBO世界バンタム級王者(2021年6月現在)

【所属】:   IPI Gym ?

【戦績】:  30(21KO)勝4敗(2021年6月現在)

【Instagram】:  johnrielcasimero

【twitter】:  @casimerojr

ジョンリル・カシメロの経歴・生い立ち!】

2007年6月3日、プロデビューし、『ロベルト・バヨ』相手に判定勝利を収めました。

2009年12月19日、『セサール・カンチラ(コロンビア)選手』とWBO世界ライトフライ級暫定王座決定戦を行い、11回1分40秒逆転TKO勝ちし、WBO世界ライトフライ級王座を奪取しました。

2012年2月10日、IBF世界ライトフライ級暫定王座決定戦でルイス・アルベルト・ラサルテ』と対戦し、10回1分9秒TKO勝ちを収め王座を奪取しました。

2016年5月25日、IBF世界フライ級王者『アムナット・ルエンロン』と戦い、4回2分10秒逆転KO勝ちを収め、2階級制覇を達成しました。

2019年4月20日、WBO世界バンタム級暫定王座決定戦でリカルド・エスピノサ』と対戦し、12回KO勝ちを収め、王座を奪取し、3階級制覇を成し遂げました。

2020年1月31日、井上尚弥との対戦が決まり、4月25日にラスベガスで行うことになりましたが、パンデミックの影響で中止が決定しました。

ジョンリル・カシメロの戦績・強さは!?

戦績は、30(21KO)勝4敗(2021年6月現在)ということで、世界3階級制覇を成し遂げている選手で、その強さは破壊的で、日本の『井上尚弥選手』を散々と挑発している選手で、日本の『亀』ということをいっている様で、それはスピードが遅いという意味らしいですが、『井上尚弥選手』のスピードと破壊力は、他を圧倒しているレベルなので、当てはまらないですが、盛り上げるための『挑発』ですね。

過去に4度負けてますが、全て世界戦ということで、判定3回、TKO負け1回ということで、はっきりとした負けは、『モルティ・ムザラネ』戦でTKO負けを喫している試合で、2011年3月26日の試合になるので、『カシメロ選手』がまだ若い時の試合になるので、現在とは比較にならないと思います。

対戦したことがある『山下賢哉選手』は、『強い』、『上手い』が混ざっている選手で、細かい技術はなく、行くと決めたら、何も考えないで飛び込んでくるということで、だから『大振り』でも世界レベルでいられる強さがあるということです。

相手を自分の流れに持ち込む凄さも兼ね備えているといいます。

ジョンリル・カシメロと井上尚弥との試合は!?

2020年1月31日、ジョンリルカシメロ』『井上尚弥』の対戦が決まりましたが、『井上尚弥』との三団体統一戦は、パンデミックの影響で、中止になり、試合をしたら一体どうなのかということですが、元WBOアジアパシフィックフェザー級王者の『森武蔵選手』いわく、『パンチ力があり、硬い』、『トリッキー』だといいます。

カシメロ選手のパンチを受けたら、『井上尚弥選手』でも倒れる可能性があり、欠点は、『気持ちとボディは弱い』ということで、判定まで行ったら『井上尚弥選手』が勝つ可能性はあるということです。

 

-Boxing, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5