Mixed Martial Arts Sports

【朝倉未来】1000万円企画のモハンドラゴンの強さ&戦績・年齢&本名をwiki風に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ごきげんようAu-Saです ♪♪

『朝倉未来選手』の1000万円企画に出場する選手の『モハンドラゴン』が注目されているということで、その『モハンドラゴン』の強さや戦績、年齢や身長をwiki風にまとめてみようと思います。

『モハンドラゴン』はキックボクシングの選手であり、タイトルも獲得している選手ということで、気になる選手であることは間違いないですね。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)のwiki風プロフィール

モハン・ドラゴン

【名前】: モハン・ドラゴン(Mohan Dragon)

【身長】:  170cm

【獲得タイトル】: MA 日本スーパー・ライト級王者、Bigbang王者

【所属】: 士魂村上塾

【twitter】: @Mohan_Dragon

【Youtube】: モハン・ドラゴン(Mohan Dragon)

【モハン・ドラゴン(Mohan Dragon)の経歴・生い立ち!】

『モハン・ドラゴン』は、ネパールからの留学生として来日し、格闘技を始めたのは、32歳頃のようで、普通では、格闘技選手が引退する年齢で『モハン・ドラゴン』格闘技を始めたということですね。

2010年11月27日、MAキックボクシング連盟上で、日本スーパー・ライト級王座を奪取し、2014年4月13日まで保持していました。

2017年9月18日、K-1初代ウェルター級王座決定トーナメントに出場し、RIZINにも出場している『久保優太選手』と決勝を戦い、判定の末、敗れましたが、パンチ力は、那須川天心も驚くほどの威力を持っているようです。

その後は、新宿で料理店を営み、名前は、『Marisco(マリスコ)』という名前のレストランですが、従業員はネパール人らしく、2018年10月1日をもって、ビザの問題で閉店をしなければならなくなったということです。

復帰し、2019年12月29日、後楽園ホールにて、『Bigbang-統一への道-37』にて、ウェルター王座決定戦で『ジョージ選手』と対戦し、判定勝利をおさめ、王座を奪取しました。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)の年齢は何歳か!?

モハン・ドラゴン  

『モハン・ドラゴン』の年齢は何歳かということですが、下記の通りになります。

【生年月日】:  1977年3月8日

【年齢】: 44歳(2021年11月現在)

まだ、この年齢になっても現役でいられるということが凄いですが、同年代の有名人は下記の通りになります。

  • 松岡昌宏(TOKIO・ミュージシャン)
  • 中田英寿(サッカー選手)
  • 香取慎吾(元Smap・アイドル)

1977年代の年齢は、スポーツに限らず、引退している年齢になりますね。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)の出身はどこか!?

モハン・ドラゴン

『モハン・ドラゴン』の外見は、外国人ということはわかりますが、一体、どこの出身なのかということですが、下記の通りのようです。

【出身地】:  ラリトプル(ネパール)

ネパール人が、格闘技をやっているということが珍しく、キックボクシングで言えば、タイ人などが主流ではありますね。

ネパールといえば、エベレストが有名ですが、『モハン・ドラゴン』はその中でも『ラリトプル』出身になり、英語では『パタン』という地域の出身ということですね。

人口は約22万になり、ネパールでは第3位の人口数になるということです。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)の本名は!?

モハン・ドラゴン

『モハン・ドラゴン』の本名は何かということですが、調べたところ可能性としては、下記の通りになります。

【本名】: マハラジャン・モハン

SNS上の名前が『マハラジャン・モハン』になっているので、可能性としてはこの名前が本名になると思われ、ネパールでは、『マハラジャン』という名前は一般的な名前のようで、『モハン・ドラゴン』『ドラゴン』は、格闘技上で、リングネームになっているようですね。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)の戦績は!?

モハン・ドラゴン

『モハン・ドラゴン』の戦績はどうなのかということですが、下記の通りになります。

【戦績】:  19勝(12KO) 17敗3分(2021年11月現在)

最近では、『SHOOT BOXING』の団体で、試合を重ね、勝ったり、負けたりを繰り返しているようで、ブランクがあるので、試合勘というものがあり、それでも復帰後は、『3勝3敗(2021年11月現在)』と5分の成績で、まだまだやれるというところを見せているようですね。

モハンドラゴン(Mohan Dragon)の強さは!?

『モハン・ドラゴン』の強さは、過去にK-1のリングに上がり、ウェルター級王座の決勝まであがり、『久保優太選手』と対戦したことがあり、判定の末。敗れはしましたが、強さは証明済みなのは確かですね。

象徴的なのは、『剛腕』といったところで、『那須川天心選手』、攻撃力だけだったら、『モハン・ドラゴン』『剛腕』はリングの下から見ていても『ブン』と音がするくらいの威力があるようですね。

パンチの軌道は、横だけではなく縦もあり、脅威のパンチ力ということで、パンチではなくラリアットのようなパンチということです。

ただ、判定になれば負ける可能性が高い選手になり、当たれば、強い選手になりますね。

-Mixed Martial Arts, Sports

© 2021 Au-Salog Powered by AFFINGER5